極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

2008年05月の記事

あわわっ

20080530150011
皆さん有り難う御座います・・・っ
昨日登録したランキング、早くも二位迄上り詰めて居りました・・・っ
クリックして下さった方々、本当に有り難う御座いますっ
然も其の数三十票・・・
有り難くて嬉しくて、如何にもこうにも為りません(笑)
こんなブログに来て下さる皆様が、花彩は大好きですっ感無量ですっ(泣)
スポンサーサイト

ブログ拍手お返事 5/25~5/30

※反転すると、ご自分の書かれたコメントを見ることが可能です。
何か問題が御座いましたらご指摘下さい。(例:自分の文章を他人に見られたくない!等々)
※五月の内に戴いたコメントは、随時此方の記事の中に書き足してゆきます故、今日と明日にコメントを下さった方は記事の一番下をご覧下さいませ。



続きを読む

カウントダウン。

20080529162822


調子に乗って、と申しますか、勢いに任せてランキングサイトに登録する等と云うおこがましい行為に及んで仕舞いました(笑)
登録先はランキングサイトの大御所、0574 Web Site Rankingさんの「個人サイト系」内に有る「ブログ」と云うカテゴリです。
恐れ多くも、折角登録したのですから、上位を目指したいと思うのは必然の感情。
思いっ切り宣伝ですが、プロフィール欄の一番下にリンクを繋げて居りますので、クリックしてやっても良いよと云う方は、清き一票、どうぞ宜しくお願い致します(平伏)

Please see and kill me,please

20080529104025
昨晩は原因不明の涙腺崩壊で、三十錠程(トリプタノール20+レスタミン10)呑んで眠ったのですけれど、何故か何時もより早く目が覚めました。
今は未だベッドの中でまどろんで居ります。
赤く薄暗いお部屋と、相棒のふわふわ巨大くまさんと、BGMのCoccoさんのお声が最高に心地良いのです。
此の儘安楽死出来たらどんなに幸せでしょう。
・・・とか莫迦なこと言って居ないで、早くお布団から出なさいって話で御座います(笑)

祝、玖萬打。

20080528133627

有ろうことか自分で踏んで仕舞いましたが(笑)
因みに最近アクセス数が増えたのは2chで晒されて居るかららしいです。
暫くアクセス解析を見て居なかったので、あら吃驚。
一番恐れて居た事態が起ころうとは・・・
まぁ顔を晒して居る以上仕方の無いことですし、今迄晒されなかったことの方が不思議です。
特別酷くは言われて居ませんでしたが、絵に関して貶[ケナ]されて居たのが少し辛かったです。
けれど何処からいらっしゃってもお客様はお客様。
どんな動機であれど、色んな方に見て戴けるのはとても嬉しいことです。
そんな訳で、此れからも極彩色サナトリウムを、どうぞご愛顧下さいませ♪

『リッセット・ボタン』

reaet_button.jpg

やっと今日読んだ本迄辿り着きました。(疲)
『卒業式はマリファナの花を抱いて』で痛く感動した、伊藤たかみさんの『リセット・ボタン』
ストーリーは、昔付き合って居た女性と同じ、荻原ミサと云う名前を自殺志願者のサイトで発見して仕舞った主人公と、もう一人の(後者の方の)荻原ミサの奇妙な関係を描いて居ます。
自殺を志願する荻原ミサは、自宅以外で、集中して遺書を書くスペースが欲しいと望みます。
そして主人公は自分の部屋を貸す代わりに、荻原ミサから食費や家賃を補助して貰うと云う約束を交わし、自然と恋心を抱いてゆくのです。
ラストシーンのあっけらかんとした描写には、果てしない虚空を感じました。
伊藤たかみさんは刹那的で、光の速さで駆けてゆく様な、若さ故の行動を描くのが本当に上手でいらっしゃるなぁ、と思いました。
だけれどやっぱりそんな風調が一際[ヒトキワ]色濃く描かれた『卒業式はマリファナの花束を抱いて』が自分の中では一押しです。
皆様も興味をお持ちに為られたら、是非拝読為さってみて下さいませ♪

『幻想小品集』

gensou_shouhinshu.jpg

此方は閉館間際の市立図書館で思わず手に取って、即座にカウンターに持って行って仕舞った一冊。
野ばらさんの短編集、『幻想小品集』
何故そんなに惹かれたかと申しますと、何を隠そう一話目に見慣れたお薬(睡眠導入剤)の名前が幾つも幾つも登場して居たから。
お薬ジャンキーには借りる他術が無かったのです(笑)
予想通り、一般の読者さんには恐らく全く理解出来ないであろう、お薬の名前を横文字で連発。
更には其の睡眠導入剤に呼称を付けて仕舞うのです。
Silece(サイレース)には"女王"、Myslee(マイスリー)には"令嬢"、Amoban(アモバン)には"少女"、Lendormin(レンドルミン)には"女優"、Vegetamin(ベゲタミン)には"娼婦"、Hirnamin(ヒルナミン)には"聖母"、Halcion(ハルシオン)には魔女、と云った風に。
勿論本編には何故其の様な呼称を付けたのかが描写されて居ります。
サイレース以外は私には効かないなぁ、とか、ベゲタミンとヒルナミン、如何やったら処方して貰えるのか知らん、等と莫迦なことを考えつつ読みましたが、呼称を付けて仕舞う程にお薬に魅せられて仕舞った野ばらさんと同じくお薬に魅力を感じて仕舞う私は始終嬉々として読んで仕舞うのでありました。

他のストーリーもお薬関連のお話が多かった様に思われますが、野ばら節はきっちり盛り込まれて居ります。
未読のお薬ジャンキーさんは、是非。(笑)

『鳥はみずからの力だけでは飛べない』

toriha_mizukarano.jpg

此方は此のブログではお馴染みの、田口ランディさんの『鳥はみずからの力だけでは飛べない』
ランディさんが親友の引き籠って居る息子さんに宛てた十通の手紙、と云う名目で語られた一冊です。
フィクションなのかノンフィクション(エッセイ)なのかは毎度の如く判りません・・・(笑)
子供向けの口調や表現で書かれて居るので、何だかランディ作品の中では珍しく、余り良い印象を持てませんでした。
帯には「何故学校へ行かなくてはならないのだろう?大人になるってどういうこと?生きることにどんな意味がある?」等と記されて居るのですけれども、其の中の一つも解決して居ない様な・・・
故に後味もさっぱりし過ぎて居りました。
やっぱりランディさんは長編小説に限るな、なんて勝手に思って居ります。
でも決して悪い本ではありませんし、厚さの割りに読み易いので、先述したキーワードに興味を抱かれた方は是非。

『アッシュベイビー』

ash_baby.jpg

お次は此方、金原ひとみさんの『アッシュベイビー』
此の作者さんの著作を読むのは此れで三冊目と為りました。
此の度も期待を裏切らない、自由奔放な文章と内容のエロさやグロさやエグさや深さ、そして此れ以上は無いだろうと云う程の刹那感が始終漂って居りました。
金原さんの作品で、自分が同調して仕舞うことは無かったのですけれど、今回は主人公の気持ちが痛く理解出来て仕舞って、複雑な気分でした。
特に同調して仕舞ったのは五十六頁から五十七頁。
全部書き出したいのですけれど、流石に色々と問題が出て来そうですので、一部抜き出してみます。
「ああ、いいね。とっても綺麗。この赤が私の体に流れていたなんて、想像出来ないよ。とっても綺麗だよ。私、血だらけならこんなに綺麗なのに、どうして私はこんなに汚いんだろう。どうしてこんなに汚くて馬鹿なんだろう。」
手元に本が有る方は気が向いたらもう一度頁を捲[メク]ってみて下さいね。

主人公は只管[ヒタスラ]に自分を求めて呉れる存在を求めます。
そして愛する人に殺して貰うことを切実に望みます。
叶わずにもがき、分裂してゆく彼女の意識、思考、身体。
賛否両論の多い作品でしょうけれど、乱暴な迄の文章の隙間や裏側に潜む切なさや哀しみが見えて来れば、屹度[キット]嫌悪感無く読めるのではないかな、なんて思ってみたり致します。

此の装丁も、決して美しい色彩が在る訳でも無く、モチーフは激しく歪んで居ると云うのに、如何しようも無く美しい。
そんな物語でした。

『まぶた』

mabuta.jpg

先ずは此方、小川洋子さんの『まぶた』
小川洋子さんは二面性の有る作家さんだなぁ、と改めて実感致しました。
『博士の愛した数式』を明るく暖かな面だと捉えたのならば、『薬指の標本』『妊娠カレンダー』、そして此の『まぶた』がダークサイドと呼べるのではないでしょうか。
勿論どちらも大好きで、小川さんの冷たくひんやりとした美しい日本語には何度読んでも溜息が出て仕舞います。
私は人に小川洋子さんの本を紹介する時、必ず使う表現が有るのですけれど、幼い頃に熱を出して寝込んで居る時に、母親の細く整った冷たい手で頬を包まれる様な、そんな風なのですよね。

さて、ストーリーですが、小川さんお得意の短編集です♪
全部で八つの物語が収録されて居ります。
五作目の「匂いの収集」は、『薬指の標本の』表題作と一貫した雰囲気で、物語も多少似通って居りました。
『薬指の標本』が大好きだった私には大変嬉しかったです。
又、六作目の「バックストローク」は、此処でも紹介した『偶然の祝福』とリンクして居り、ファンには嬉しい造りと為って居りました。
装丁もばっちり内容と合って居て、文句無しの一冊で御座いました。

本の虫が冬眠から目覚めた模様です。

20080527234258
最近再び読書熱が上がって来て居りまして、読む速度(勢い)に読書記録の更新が追い付きません。
一先ず今又一冊読み終えたので、六冊分のレヴューを上げようと思って・・・居り・・・ます・・・
多分簡略化させるとは思いますが、皆さんの読書の参考にして戴ければと思います。
ではでは一冊目のレヴューに取り掛かることと致しましょう。

感謝感激雨嵐。

もう直ぐ六月ですね。
気が付けば一年が半分終わろうとして居ります。
そんな中、我極彩色サナトリウムには毎日沢山のお客様が来て下さり(昨日なんて1063人もいらして下さったのですよ!^^)、コメント迄下さる方もいらして、本当に恐縮乍らも嬉しい限りです。
何か恩返しをしたいと考えた結果、矢張りお返事を書くことだと考え付きました。
そんな訳で、四月の終わりから今迄ブログ拍手で下さったコメントに返信を付けさせて戴こうと思います。
一先ずは初見さんのコメントから返信させて戴き、花彩と直接交流の有る方のコメントには、徐々に記事内でも、其方様のブログででもお返ししてゆこうと思いますので、今回は割愛させて戴きますね。
良い加減時間も経って居るので、ご自分の書かれた内容をお忘れの方もいらっしゃると思いますので、お名前と一緒に本文も載せさせて戴こうと思って居りますが、若し何か不都合が御座いましたらお知らせ下さいね。
ではでは、戴いたコメントは反転したら見える様に為って居りますので、四月末から今迄の間にコメントを下さった方は、ずずいっとマウスを下にお下げ下さいませ^^

続きを読む

一つの終焉に赤い花束を

20080523161016
もう泣けるものなら泣き出したいのに
感情が鈍化して泣けなくて
薬でも呑んで一日中寝て居たいけれど
其れじゃ残るのは不安と頭痛と母親の小言だけで
何か握り締めて居なきゃ崩れそうだけれど
精一杯高いヒールの靴を履いて
何にも負けない様に
ロリィタパンクで出陣
厳つい鋲のアクセサリー
指輪も完全装備
序[ツイデ]に傷も隠して
此の間買ったお気に入りのカットソー
スカルと苺が溶けてるの
だからネックレスも苺
じゃらじゃらじゃらじゃら
自己満足でも歩けるなら

何回も止めようと思ったけれど外に出ます
行き先は何時も通りの画塾
描くとか描かないとか
もう関係無い

イヤフォン装着
流れるのは勿論貴方の声
ピンと背筋を伸ばして
さぁ行こう

許されるのならば 敗れたとしても 偽りは無くて 生きられるのならば

唐突ですが、バイトをクビに為りました。
要約すると、病弱で甘ったれた働けない人間は要らないとのことで。
鳥渡[チョット]奥さん、要らない子だそうですよ、私(笑)
「辛くても一生懸命頑張ったのに」とか、「精一杯やったのに」とか、言うだけ無様なので言いもしませんし思いもしません。
流石に一人に為ってから少し泪が出ましたが、其れも無様で惨めなので無理矢理止めました。
世の中そんなものなのです。
研修の段階で辞めさせられるのではないかとは、店長のぶっきら棒な態度から薄々感付いては居ましたし。

もう良い加減、病気の所為[セイ]にするのは厭だなぁ。
でも其れを除けたら酷く惨めで耐えられないのです。
甘ったれで弱くて莫迦で無能で不要な人間だと云うことが剥き出しに為って仕舞う。
だから病を免罪符にしようとする。
本当に何て詰まらない人間なんだろう。
やっぱり如何考えても早く死ねば好い。
何も出来ない癖に金ばかり喰って何時迄生きる積もりなんだ。

両の手に残ったのはたったの三万三千円、其れと無数の傷跡だけ。
私は此処で一体何をして居るのでしょうか。
次は何時、何処で誰の脚を引っ張るの?

離人感がする。
足下が浮く。
カッター。
カッターを探さなきゃ。
少し切ったら足を引き摺って画塾に行こう。
家に居ても堕ちるだけだ。

表裏一体。

urato_omoteto.jpg


無駄に重い上に大きくてご免為さい(汗)
此れは原寸で表示したかったので。
然し赤い部分の影が全部飛んで仕舞ったのが悔やまれる・・・(泣)

羽根。


wings.jpg
たどりついた終わり

生まれ変わりの

飲みこまれる土の中で 結ばれていった約束

死んだ世界

lyric by 花葬

何も変わらないのに こわくなりだして下を向いた

お騒がせして仕舞い申し訳御座いません。
取り敢えず生きてます。
花彩です。
今年一番の鬱の渦潮に巻き込まれて死に掛けて居りました。
一層死ねば良かったのに、なんて言っちゃ厭ですよ(笑)
自分が一番そう思って居りますので。

さて、明日はバイトです。
乗り切れるのやら皆目見当も付きませんが、取り敢えず行く積もりでは居ります。

先日コメント欄を復活させる等と申し上げて居りましたが、もう少し遅く為りそうです。
待って下さって居る方(そんな方居るのか)には申し訳御座いませんが、暫しお待ち下さいませ。

今日は絵を二枚描いたので、今からアップしようと思って居りますー。
ではでは。

じゃらじゃら。

20080519225001
デパス1mg×38錠
レボトミン5mg×2錠
計40錠。

久々にトリップ出来たら良いな。
もう泣くのも切るのも厭きたよ。

今日はバイトを休んで仕舞いました。
世の中の当たり前の辛さや世知辛さに耐えられない人間は廃棄する可きだと思います。
誰か殺して呉れないかな。
私は臆病で他力本願なのです。

嗚呼
誰か誰か誰か

泪も血も止まらないよ
誰か助けて

追加追加。

20080518003931
一向に効く気配が無いので金平糖と一緒にもう1シートがりがりしてやりました。
見事に不味い(笑)

眠りの底は安住の地。

20080517234330

ハルシオン1シートで眠れるか知らん。

人間関係って難しいものよね。
弱い私は眠りに逃げます。
明日はバイト。
頑張らなくちゃ。

退いた退いたほーらオレサマのお通り

20080516153817
連日詰まらぬ日記で申し訳無いのですけれど、今日は予備校&病院です。
気乗りしないので気合いを入れて真っ黒に為ってみました。
今日も頑張って乗り切るのよ・・・(ぐっ)

目覚めたのは夢の後

20080515093621
昨日もバイトー。
今日もバイトー。
然も今日は其の後予備校です。
何とか乗り切らねば・・・(フラリ)

そんな訳で更新停滞中です。
ご免為さい。
五月中にはコメント欄を再開放して、拍手のお返事等しようかと思って居ります。
予定は未定なのですけれど、普段通って下さって居る方々に接近したいと云う花彩の勝手な欲求です(笑)

ではではバイト先が見えて来ましたので行って参りますっ


今幼稚園児の軍団に「あっお嬢様だっ」て言われました(笑)
花彩氏ご満悦気味で御座います(笑)

もっと欲しがります負けたって

DVC00011_20080513233752.jpg
昨日撮った、花彩のバイト中のだっさいエプロン姿をアップです。(笑)
どうアレンジしても可愛く為り得ない、原色過ぎるブルー・・・
最早羞恥プレイで御座います。
其の上古本屋さんのバイトは予想以上に辛いです。
覚えることも多過ぎて、精神的にも肉体的にもハードです。
立ったり座ったり本を大量に運んだりも多いので、起立性調節障害の気の有る私は何時もふらふらで、社長さんにも顔色が悪いと連呼されました。
否、其れは何時ものことなんです・・・・(笑)
チークでも入れて少し血色良くする可きなのでせうか。
・・・むぅ。
正直、何時迄保てるかが自分でも判りません。
帰宅しては泣くのを繰り返して居たりもして(笑)
“贅沢は見方”にしたいのですけれどね・・・。
取り敢えずは明日も出勤。
今月一杯は研修期間で、時給六百五十円也。
交通費も出ません。
来月迄乗り切ったら何とか為りそうなものですが、如何せん後半月が苦しい。
もう履歴書を書くのは懲り懲り[コリゴリ]ですので、何としてでも続けねば為りません。
予備校との両立も未だ不安な儘で。
そんな感じでギチギチして居たら予備校の定休日が今日だと云うのを忘れて途方に暮れた莫迦が此処に(笑)

頑張ります。
えぇ、頑張りますとも。
一日中テレビの前か彼氏さんと遊び呆けている母の様にも、半分ニートで未だ実家暮らしの父親の様にも為りたくありませんので。
予備校代を全額出して下さって居る祖父に、先日更に「小遣いは有るのか」等と泪が出そうな質問をされて、「うん、有るよ」なんて答えた私の必死の嘘を現実にする為にも。
頑張らなきゃ。


うあー・・・
又泪がぁー・・・

ソーダ水。

soda.jpg
連日駄目絵ばかりで申し訳無いのですけれど、如何[イカン]せんネタが御座いません(笑)
最近炭酸に凝って居て、何だかしゅわしゅわした感じの爽やかな絵が描きたいなぁと思い立って描いてみました。
序[ツイデ]に笑顔の練習・・・
普段暗い絵しか描かないと申しますか、気が付けば暗く為って居るので意識的に明るく・・・(笑)
然しファッションセンスの無さに絶望致しました。
こんなお洋服、死んでも着たくありません。

ではでは、お目汚し失礼致しました。

はっぴぃまざぁずでい

20080511031240

母の日絵をちまちまと描いて居ります。
波模様なのは母がサーファーだから。
主役は何故かきのこちゃん(笑)
080511_031303.jpg

貴方が仰る通りの「林檎」です

080509_212911.jpg
学館に来て居るのですけれど、生徒さんが大変少くてのびのびです。
先日の休暇課題の林檎は色が薄かったり何やらで先生からアドヴァイスを戴き、少し手を加えました。
黒光して居ります。
けれど二つ下に載せたイラストを先生に見て戴いたら大変誉められ、ご満悦の花彩で御座います。(笑)

然し今日は体調が宜しくありませんです。
精神面もギリギリな感じで、我乍ら良く来たなぁ、と。
学館用に持って居るカッターは切れ味が悪くて苛々。やっぱりカッターはOLFAに限ります。
外は生憎の雨ですし、うんざりです。

ぎゅっとしていてね

20080509071023
ゆきちゃんと深夜にお電話でお話して居たら無性に一人寝が心細く為って仕舞って、もう何年もお部屋の住人と化して居る大きなくまさんをベッドの上迄連れて来ました。
ふかふか気持ち良いです。
鬱が酷くて、腕はズタズタで、デパスを四シート(四十錠)呑んでも眠れなかったけれど、此れで少し安眠出来そう。

如何でも良いですが体重が減って居りましたv
明らかにストレス痩せですがそんなことは気にしません。
48Kg→47Kg弱に。
どうせ直ぐ戻るのでしょうけれど、食欲が消え失せて居る今の内に減らして置かねば。

ではそろそろ睡眠体制に入りますかね。
眠れます様に。

ティアドロップ。


tear_drop.jpg

泣いたって何も変わりやしないさ

携帯ver.1
携帯ver.2

あたしは何時もボロボロで生きる

20080507094211
今日はバイトも予備校もちゃんと行きます。
予備校はずっとゴールデンウィーク休暇だったけれど、バイトは辛くて二度も休んで仕舞ったから。
只今開いていない扉の前でぼんやりと開けて貰えるのを待って居ます。
相変わらず周りは恐いものばかりだけれど、暖い陽射しに背中を押して貰って、ちゃんと歩かなければ。

幾ら傷が増えたとしても、気が遠く為って眩暈がしても、周りが当たり前に出来ることを私も当たり前に出来なくちゃ、元々無い存在意義さえ更に無くなって、マイナスが付いて仕舞う。

普通に生きるのは何でこんなに苦しくて哀しいのかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。