極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

2011年06月の記事

ほら また自分かばった 自分ばっかだ

うっかりちゃっかり又更新停滞させそうなので、本読んだり絵描いたりして日付が変わって仕舞う前に更新しようと思います。
最近みぃに「丸で駄目なブロガー」呼ばわりされて居りますので(笑)。
いえ、人には書け書け言って置き乍ら、自分はぽぽーいと放置する丸で駄目な奴なので。
犠牲に為ったトモ君、みぃ、ご免ね。
然し此の記事は溜まった画像を消費すべく花彩画像だらけの大変ウザイ記事に為りそうなので、不快感を催しそうな方は見られないことをお勧めしますよ・・・。

先ずは二つ下の記事で海を渡った時のこと。
何時の話だよッ!って突っ込んだ貴方、正解です。(笑)
取り敢えず髪の毛を切って参りました。
周りからはワカメちゃんだのコケシだのきのこだの呼ばれて居りますが全く以って気にして居りませんよ、えぇ。
帰宅して母が発した第一声が「酷くワカメだね」でしたけれども。(笑)
次回のカットの参考にと美容師さんに撮って戴いた写メが御座いますので、ぺたぺたっと。
切り立てほやほやです。
PA0_0336.jpg
PA0_0335.jpg
PA0_0337.jpg
後姿、見事にきのこですね!!
今回も両サイドの髪の毛だけデジタルパーマです。
何時もより短く切られ過ぎたからコケシチックなのか知らん?とも思いましたが、此れは此れで気に入ってます。
何とも防空頭巾が似合いそうで。ぷぷ。(笑)
序[ツイデ]に当日のコーディネート紹介も済ませちゃいましょう。
PA0_0334.jpg
メタモルのリボンブローチ付きブラウスにAngelic Prettyのシフォンハート柄JSK、薔薇透かしオーバーニーに頭モノはBABYの円形ヘッドドレス。
バッグはロリィタ+ディズニーアリスのコラボ品。
PA0_0333.jpg
と、こんな感じでした。
序の序に何時ぞやにみぃのお店で撮って貰ったコーディネート画像も有るのでぺたり。
CA3J0530.jpg

最近下睫毛用付け睫毛に凝って居り、現在使用して居るものが大変お気に入りなのですが、此処に辿り着く迄が長かったです。
莫迦なのでパッケージを写メって置くのを忘れた為、判り辛いですが装着画像で比較。
CA3J0532.jpg
髪の毛を切る前の写メですが、此れが如何もしっくり来なかった!
毛束が太くて毛束同士の間が広めに空いて居る感じのものでした。
写メで写すと大して違和感は無いのですけれども、何だか慣れないのも好みじゃないのも相俟[アイマ]って、然も脆いしちゃちな作りでした。
某モデルさんプロデュース!とかを謳い文句にして居る、二セット入りのもので、千円位したのですが、直ぐ破けるわ毛は抜けるわで。
で、現在愛用中でお気に入りなのが此方。
CA3J0556.jpg
毛束が細くて長く、毛束同士の間が狭めに作られて居り、四セット入りで値段は先刻のと同じ位。
PLAZAで購入。
結構しっかりとした作りで、頑丈なのも、幅が広めなのも嬉しい処。
此れなら多分塵箱を漁れば出て来ると思いますので、気に為られた方はお早めに拍手で「パッケージ載せろ」と飛ばして下さいまし。
如何でも良いですが、普通下睫毛用のものって、切って貼ったりするのでしょうけれど、下睫毛フェチを豪語する花彩はぺったりと目頭から目尻迄もっさり貼っちゃいます。
みぃに目尻から貼った方が自然に見えるよ、と教えて貰ったので(説明書にも書いてありましたがガン無視して居りました/笑)、其れを意識した二枚目の画像なのですけれど、如何でしょうか。

みぃと言えば、最近みぃが良くお家に来て呉れたり、遊びに付き合って呉れたり致します。
有り難いことです。
主に駄弁ったり、私の顔をキャンパスにして遊ばれたりして居ります。(笑)
写メ撮って貰って遊んだりもしたのでぺたぺたり。
あ、キャンパスにされる前ですが悪しからず。(笑)
PA0_0331.jpg
みぃの眼鏡お借りしましたー。
201106172157130001.jpg
フラッシュ当て過ぎて何故かモノクロっぽく!
他にも色々有りますが割愛ー。

お店で最近のプリクラ機能の向上って凄いよ!脚とかも細く写るよ!とお聞きして、「行きたいー!プリクラ撮りに行きたいぃいい!!!」と駄々を捏ねる花彩(大変ウザイ)の犠牲と為ったみぃさん。
そんな訳でプリクラ画像、久々に載せます★
何時もご免ね、みぃ★(全く反省して居ないご様子)
今更ですが、画像過多ご注意です。
ファイル00160001
ファイル00180001
ファイル00190001
ファイル00200001
ファイル00130001
ファイル00150001
最近のはご親切に「ブログ用に画像が作れるよ★」とか言って、プリントアウトされない画像が一枚ずつ作れちゃったりするのですよね。
で、やられました。
ファイル00140001
因りによって此のショット・・・!(震)
其れに対する花彩氏の反撃。
ファイル00170001
「変な頭×2」。ぷぷ。

さて。
一通り画像も貼り終えましたし、そろそろお終いに致しましょうか。
べったべった画像貼り捲くっただけの頭の悪い記事で済みません。
読んで下すった方、後下の五周年の記事に沢山の拍手、有り難う御座いました!
ではでは失礼致します。

極彩色で綴る明日。

今晩は、ご無沙汰して居ります、生きてますよ、花彩です。
若干忘れ去られ気味な匂いが致しますが、忘れて等居ません。
日付が変わった今日、六月二十日は此の極彩色サナトリウムの五歳のお誕生日なのです。
五年。
とても長いながい月日です。
始めた当初はこんなに続くと思って居なかったと云うか、生きて居ると思ってすら居なかった。
でも有り難いことに私は今生かされて居て、こうして足跡を残すことさえ許されて居る。
今の私は五年前の私にはとても見せられるザマじゃあ無いけれど、其の時其の時を必死に駆け抜けて来たことだけは事実だから、恥じたくは無い。
そして焦燥し切って背中を押され、蹴飛ばされて居る様に思えて仕方が無かったあの頃の私に告げたい。
「大丈夫だよ。」
そんなに焦らなくても、月日は自然に、貴方が想って居るよりずっと優しく流れるから。
目の前の課題難題、正しく解けて居るのか否かは、残念だけれど五年後の私にも解からない。
其れでも生きてぼちぼち歩いて居れば、ちゃんと笑って居る私が、こうして此処に居るから。
総てに絶望して眼を背けるのは未だ早いよ。
「明日くたばるかも知れない」根性は未[イマ]だ変わりません。
こんな世の中、こんな日常、こんな私だから、尚更。
自ら絶って仕舞いたく為る日が多々有ることも事実で。
でも生かされる限りは生きる。
残せるものは遺[ノコ]す。
もっと肩の力抜いて、深呼吸して歩いてゆこうよ。
又五年後、こうして小さな記念日をささやかに祝えたのなら、其れは何て幸せだろう。
そう想える今の私は、何て幸せなんだろう。

さて、此の五年、此のサナトリウムと一緒に歩いて来た私は、少しは成長したのでしょうか?
つらつら自分のことばかり連ねましたが、此処迄続けて来れたのは、私を暖かく囲んで下さる、両手に足るだけの大事な人達と、サナトリウムを訪れて下さり、暖かく見護り続けて下さる貴方様のお陰で御座います。
本当に、心より、有り難う御座います。
亀の歩みに拍車が掛かる昨今ですが、此れからも生きる限り、こうして足跡を残してゆきます。
着いて来て下さるのならば、此の上無き幸せ。

其れでは、次回からは間が空いて仕舞いましたが、下の記事の日のこと等を書いて仕舞って、通常運営に戻しますね。
ではでは失礼致します。



二〇一一年 六月二〇日

花彩拝

どこへ行こうか 誰にも会わずに


髪の毛のもっさりに耐え兼ねて海を渡って参りました。
詳細は後ほ・・・其の内!(笑)

砂場の海賊が良過ぎるのにMP3プレイヤーが一杯で入らない!
みぃが作って呉れたRADWIMPSのベストも聴き込みたいのになあ。

猫センサー発動★


黒猫ちゃんラヴュ!

Cocco Inspired movies

お早う御座います、花彩です。
昨日の朝早く、届きましたよ!
待ちに待った、Coccoさんの東日本大震災救援企画DVD、『Cocco Inspired movies』の特別版が!!
Cocco商店で予約開始と同時に予約し、わくわくてかてかしてました(笑)。
ご存知でない方の為に補足をば。
今迄Coccoさんと映像で関わったクリエイターさん方を集めて、夏に発売したアルバム、エメラルドの楽曲を使って映像をお作りに為って、其れを公式頁から無料で流されて居たのですが、此の度震災が有って、立ち上がったCoccoさんとクリエイターさん方は其れ等をDVD化して、売り上げを総て義援金に回すと云う企画を立ち上げられたのです。
公式頁で特別版を予約すると、漏れ無くCoccoさん直筆サイン入りカードとジャケット(Coccoさん画)のイラストのハンドタオルが付いて来る!と為れば、もう此れは即購入するしか無いですよね。
仕様はこんな感じです。
CA3J0528.jpg
下に敷いたのがハンドタオル、左に置いたのがDVD(と特典CD)、右上がCoccoさんマジックで直筆の、ぐるぐるこっこサインの書かれたカードです!!
直筆サイン、実は二枚目なのですが、もう嬉し過ぎます、家宝です。
嗚呼大好きCoccoさん。

・・・と、そんな感じで前置きは終了。
折角Web未公開の撮り下ろし映像や未発表曲なんかも収録されて居りますし、ざざっと、独断と偏見に因る感想を述べさせて戴こうかと。
お時間の有る方はどうぞお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

先ず開封して一番に手を付けたのはDVDではなく、絹ずれ~OKINAWA~(未発表special音源Ver.)と砂場の海賊と云う未発表曲が収録された特典CDの方。
だって未発表曲、一刻も早く聴きたかったのですもの。
絹ずれは三線とギターのアレンジで、Coccoさんは沖縄弁でぽつりぽつりと、物語を語る様に唄ってらっしゃいました。
待望の砂場の海賊は、長田さんギターの、単純だけれど深い歌詞の、とてもとても優しい一曲でした。
短い曲でしたが、大満足。
此の時点で花彩の涙腺決壊(笑)。
Coccoさん関係はもう本当弱くて駄目です。

さて、ではDVDの感想に参りましょうか。
私は映像とか全然全く詳しくない人間ですので、DVDの内側の解説を交えて、自分でもふむふむし乍ら書いてゆこうと思います。
■井上哲央監督作品「4×4-Hello,Good bye-」
井上哲央さんは「音速パンチ」「ジュゴンの見える丘」「ニライカナイ」なんかのPVを手掛けて居る方だそうで、Coccoさんは今回の企画を発足出来ないか、と井上さんにお頼みしたそうで、プロダクトは「井上哲央&Cocco」と為って居ります。
古惚けた映像の中で列車に揺られ、「何処迄続くんだろう」と云った内容の詩がぽつぽつ流れる、そんな映像でした。
4×4の優しい曲調に合った、何処か淋しい様な、暖かい様な、そんな感じでした。

■井上波監督作品「カラハーイ」
Coccoさん振り付けのダンスをお友達さん方にご指南されて居る場面と、フラダンスの練習を一生懸命やってらっしゃる場面(オフショットって言うのでしょうか?)がちょこちょこ登場。
フラダンスのレッスンを為さって居た方、こっこさんの台所に登場されて居たお母様ではないかな?と推測するのですが、如何なのでしょうね。
カラハーイの意味も解説為さってますが、エメラルド感想文に書いたので割愛致します。
井上波さんは「ゴミゼロ大作戦 vol.0」を取材された後「Heaven's hell」のDVD(ばっちり持ってますv)を製作為さった他、性同一障害で此の世を去られた心音さんを取材したドキュメンタリーを作ったり為さった方だそうです。
余談ですが「セレストブルー」は心音さんとご家族に捧げられた曲として有名ですよね。
大好きな曲です。

■UGICHIN監督作品「あたらしいうた」
UGICHINさんは、「樹海の糸」「ポロメリア」「玻璃の花」なんかのPV製作をされて居る方だそうです。
小さなスタジオでずんずんじゃかじゃか演奏される中、長い三つ編みのエクステ?を短い髪にぐるぐる巻き付けた姿で唄うCoccoさんは最高に可愛いです!!
思いっ切り音を割らせて収録してらっしゃるのも、臨場感が有ってとても良いです^^
そして恐らく自転車立ちこぎしてる黒髪さらさら少年は息子さんと推測します。
笑顔一杯の一曲(一本)でした。

■Cocco監督作品「絹ずれ~OKINAWA~」(未発表special音源Ver.)
CDに収録されて居る絹ずれの特別Ver.にCoccoさんご自身が映像を付けられた一本。
此のDVD全部通して言えることなのですが、何て、何て暖かい作品を作られるんだろうと、切々と感じました。
小さな子供さんからご老人迄、皆一杯の笑顔で登場されるのですもの。
病院か老人ホーム的な処と見受けられる場面が登場して、しわしわの顔を、手を、本当に愛しげに撮ってらっしゃるのが画面越しに伝わって来て、当然の如く祖父の姿が重なって、泪が止まりませんでした。
映像の最初と最後に、白い紙にCoccoさんの筆跡でひとこと映し出されます。
最初は「愛よ愛々(かなよかなかな)」そして最後は・・・「父さんへ。」でした。
或る意味衝撃でした。
Coccoさんはお母様のお話はお歌の中でも良くされますが、ご離婚されて恐らく離れ離れに為ってらっしゃると推測されるお父様のことは、余り直接的には、と云うか良い風にはお話されません。
例を挙げると、靴下の秘密の「迎えに来てとつぶやいて他に何もいらないとパパを憎んだ」や、小さな町の「パパ×××」等、他にも有りますね。
私にも一応、父親にあたる人間が居ます。
彼のする諸行を私は許せず、前へ進むために縁を切って早数年ですが、嘗[カツ]ては誰より愛した優しいパパです。
Coccoさんは許してあげられたのかなあ。
心の中を整理整頓出来たのかなあ。
そんな疑問と自分の心の中の父親の存在が重なって、やっぱり泪でした。
あいつは今何処で、元気で生きて居るんだろうか。
長く為りましたね、色々と複雑な心境で拝見した一本でしたので・・・。

■竹内鉄郎監督作品「クロッカス」
おしゃまで可愛い曲、クロッカス。
やっぱり映像もお茶目で可愛く、CG合成されてCoccoさんが何人にも増殖されてました(!!)。
如何かお一人でも良いので分けて戴きたいものです・・・(笑)。
何だか一番PVっぽい、完成度の大変高い映像だと感じました。
竹内さんは「カウントダウン」や「強く儚いものたち」等、随分初期のPVに携わった方だそうですよ。
スケッチブックに、Coccoさんの筆跡で、
「ぶっ殺す」

Coccoさんわざとらしくハッとする(笑)

「みんな元気?」

「私は元気!」
Coccoさん満面の笑み
・・・の流れが可愛くて可愛くて。
可愛いは正義!!(ずびしっ)
「私は元気!」の自信一杯の文字にも何だか勝手に安心致しましたとさ。

■塚本晋也監督作品「Cocco 歌のお散歩。」(収録曲:Spring around/十三夜/玻璃の花)
映像には詳しくないと述べましたが、此方の監督さんは存じて居ります。
Coccoさんの楽曲の中でも(選べませんが)五本の指に入る程大好きな一曲、「blue bird」が使用されて居ると聞き付け観た映画、「ヴィタール」を製作された監督さんです。
Coccoさんが楽曲提供されて居る映画は多分全部観てます、えっへん!(やぎの冒険は未だだけれど・・・。)
映画自体もとても良く、大好きな作品なのですが、作中砂浜で白いワンピースを着た、恐ろしく細身の女性が激しくバレエを舞うシーンが何度も有り、Coccoさんを彷彿とさせられたのでした。
そうしたら今回の映像でも、玻璃の花の前に随分長くCoccoさん、海辺でバレエを舞ってらっしゃるではありませんか!
私の勝手な想像ですが、「ヴィタール」の時点で、塚本監督は作中Coccoさんをお使いに為りたかったのではないかなあ・・・と。
若しくは海辺で白ドレスにバレエと云うシチュエーションに余程執着してらっしゃるとか・・・(笑)。
何はともあれ、「ヴィタール」も「blue bird」も激しくお勧めですので未だの方は是非に。
「blue bird」は陽の照りの初回生産限定版に付いてますよ^^

■西川修司+竹内鉄郎監督作品「Spring around-踊ってみた-」
此れ、大好きです!
Web配信されて居た時からダンスが何とも癖に為る感じで、何度も観てました。
格好良い&可愛い&ちょっぴり変てこがミックスされた、本当癖に為るダンスです(笑)。
「あっあー♪よこたわるしーたいー♪」の辺りの振り付けが特に好きです。
覚えたいけれど、恐ろしく手足の長細い、スタイルの良いCoccoさんだからこそ許されるダンス、と云った感じです。
どうせ私なんて私なんてわt(エンドレス/笑)
竹内さんは先程も登場されましたが、西川さんは、大阪芸大卒のエリートさんらしく、今迄Coccoさんとの絡みは無かったみたいです。
期待の新人さんだそうな。

■是枝裕和監督作品「砂場の海賊」*新作映像未発表
CDに収録されて居た、未発表曲ですね!
砂場で遊ぶ子供達を見詰める、優しい仕上がりの映像でした。
そして此方の監督さんもばっちり存じて居りますよ。
かの有名なドキュメンタリー映画、「大丈夫であるように-Cocco終わらない旅」を製作為さったお方です!
PVでは「水鏡」「陽の照りながら雨の降る」を手掛けてらっしゃるそうで、此のDVDの解説を拝読して知って驚いたのですけれど、大好きなARATAさんと云う俳優さんがご出演為さって居ることから観た、『ワンダフルライフ』をも製作為さって居たなんて!!
いやあ、驚きです、本当に。
お勧め映画ですので未だの方で興味がお有りの方は是非!
ARATAさん格好良いですよーvV(笑)

■仲村颯悟監督作品「三村エレジー」*新作映像未発表
Coccoさんが「やぎの散歩」と云う曲を提供された映画、『やぎの冒険』を製作為さった、何と中学生の監督さんです!
こっこタイム。でも対談為さってましたよね。
いやあ、何と言うか、映画の方は未だ拝見して居ないのですけれど、何とも末恐ろしい中学生が居たものですね・・・。
映像、とてもとても中学生の感性で作られたものとは思えません。
完成度の高さも発想力も、正に大人顔負けと云った風にお見受け致します。
『やぎの冒険』の方も、是非拝見したいと思いました。
・・・が、レンタルで出て居るとは到底思えないのですよねえ。
むむむ。

はい。
以上で全部ご紹介終わりました・・・!
ひぃー!
こんなに長く為る予定じゃなかったのに!
と云うかもう十一時!?
遅筆花彩は此の記事を仕上げるのに三時間を要した模様で御座いますェ・・・orz
此処迄読んで下さる方なんて居ない。絶対に居ない。
でも自己満足の自分用記録なので良いのです、良いのですよ・・・ふふん(泣)
ではでは腰と肩がヒィィイイ!と悲鳴を上げて居りますので、今回は此処迄!
誰も読んでないだろうけれども!!(笑)

Coccoさん並びにクリエイター様方、素敵な作品を有り難う御座いました。
私も頑張ります!!

立ち上がって空を見て。

駄目でしょう自分。
生きるんでしょう?
生きたいんでしょう?
本当はそんな言葉
紡ぎたいんじゃないでしょう?
聴きたい唄有るでしょう?
描きたい世界有るでしょう?
叫びたいこと有るでしょう?
見たい景色有るでしょう?

ねぇ、会いたい人、居るでしょう?
明日こそ笑いたいでしょう?
なら前見てなきゃ駄目でしょう?
莫迦でも歩いて行くんでしょう?
なら謝ろう
先刻の自分にご免ねって
少なくたって
私を愛して呉れる人達に
ご免なさいって
傷だらけの左腕には
申し訳無いけれど
此れからも宜しくねって

生きたいよ
生きたいから生きるよ
今の処
理由なんて其れで良いんじゃないかなあ

又ドブに呑まれたら
こんなこととても言えないけれど
今の処
此れで合格なんじゃないかなあ

其れでもう今日は綴じても良いかなあ

無題。

来た
波が
恐い恐い波が大口を開けて
渦に巻かれたら最期よ

死ね
死ね
死ね
消えろ
穀潰しが
死ね
死ね
死ね

勝手に咽は悲鳴を上げて
頬は濡れ
カッターの刃が無駄に散らばる
何も出来ない私
何も出来ないを
甘んじて居る莫迦な私
本当にね
早くね
消えれば好いのに

軋む音の奏でに耐えきれず距離を作るわたしを許さないでいい

お早う御座います、花彩です。
済みません、明るい記事を書くって言いましたけれど、もうひと記事だけ書かせて下さい。

昨日のこと。
大阪から日帰りで急遽叔父が来ました。(私がホームステイさせて戴いて居たお家の叔父です)
お好み焼き屋さんのお仕事がお忙しいので、此れが最後に為るかも知れないと云う覚悟でお休みを取っていらしたそうです。
お見舞いに行っても祖父は体中が痛いのか、新しい病院の対応が気に喰わないのか、超ご機嫌斜めで、何だか様子が可笑しい様でした。
お昼頃に行ったのですけれど、食事もひと口も食べない、喋らない、動かない。
此処最近はずっと眼も開けません。
折角叔父が来て呉れたのだから、眼を開けてちゃんと見なさいよ、って言っても拒否。
やっと少し見たかと思い、誰か判る?って聞いても判らないと微かに首を振る。
帰る直前に為ると少しだけ意識がはっきりして来た様で、意思の疎通が取れたみたいなので、まあ、良かったと言えば良かったのかも知れません。

どんどん衰弱してゆく祖父を見るのは、もう何とも言葉に出来ない気持ちです。
物凄く消耗するし、帰ったら死んだ様にダウンします。
お蔭様で久々に良く眠れましたけれども(笑)。

如何為るのかあ・・・。
神のみぞ知る?
神なんて居て堪るものかな根性ですが。
うへぇ。
此れ、駄目ですね。
書いて居たらどんどん消耗してゆく・・・(笑)。
此処等で終わりにしましょう。
今日は母と祖母はスーパーの抽選?で当たった温泉日帰り旅行に出掛けたので夜迄のびのびなのです。
やふーぃ♪ですよ。
最後にコーディネート写真をぺたりして終わります。
CA3J0524.jpg
良い加減髪の毛を切りに行きたいのですけれども、何せお金が・・・(笑)。
ではでは失礼致します!