極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

2011年09月の記事

険しき道をひらり 踊るように駆けてく/2011.09.24

どうもお久し振りです。
二十四日に二十二歳のお誕生日を迎えました、相変わらずの駄目ブロガー、花彩です。
色々と想うことが有ったり、単に当日遊び過ぎてぐだって居たりの数日でした。
L'Arcライヴのことは又後日書きます故、今日は少しだけ長々色々書かせて下さいまし。

二十二歳迄、生き延びて仕舞いました。
「仕舞いました」と、毎年の如く、述べました。
でも、数日過ぎた今に為っても泪が零れる位、とてもとても満ち足りて、とてもとても暖かい気持ちであることはひとつ、確かなことです。
私は毎年のお誕生日、其れ以外の時にも、又生きて仕舞った、又此処迄来て仕舞ったと、常に罪悪感を抱えて生きて来ました。
でも此の一年、否、此の二十二年を総括して、本当に色々なことが有って、何時しか其の気持ちは風化してゆきました。
何時も自分なんて死ね死ねって想って居た。
でも去年はそんなこと想う余地も無い位に祝って戴いた。
其の前は?
覚えて居ませんが、もっと自分に無頓着で、もっともっと自分の生に絶望して居たと思います。
でも今は、此処迄来たよ、此処迄歩いて、転んで、走って来たよって、誰にとは無いのですが、頭を撫でて誉めて欲しい気持ちですらあります。
此の一年、色々なことが有った。
休職を決めた。でも其れで自分の立ち位置がほんの少し判った。
ずっと大切だった長かった髪と泣き乍ら然様ならをした、でも其れで後ろ髪引っ張るものとも然様ならして、少しだけ前に進んだ。
大阪に長期滞在させて戴きました。
色々なものを見た。
色々な人と逢った。
色々な人と、自分と、生きる約束をした。
大きな大きな震災が有った。(此のことに関しては“あって居る”と表現した方が正しいやも知れません)
自分の自殺未遂の莫迦さ加減を思い知った。
地球上の人口に制限が有るならば、あの時の命三つ有れば、三人の命を助けられたんじゃないか、なんてことも想った。
価値観ががらりと変わった。
沢山の人と出逢って、沢山の人と然様ならをした。でも其れで大事なものだけ護られれば良いと想える様に成った。

双六[スゴロク]みたいな私の生きる道、否、皆そうなのかも知れない。
けれど私は確実に「今」、一歩ススム。
生きる方へ向かって居ます。
長かった。
死に向かって居た日々。
でも其れも全部大切だったんだって、「今」は想える。
莫迦みたいに喜んでる。
生きて居ることがこんなに嬉しい。
生かされて居ることがこんなに有り難い。
又波が襲ってくれば、其れ等全部呑み込むのだろうけれど、今は取り敢えず此れで好い。
幸せをもう少し、噛み締めさせて欲しい。

お誕生日当日は、みぃ達にお祝いして戴きました。
勿論、直接は会えない方々からも、沢山祝って戴きました。
朝一番は、父のことを思い出して、今日も連絡は無いのだろう、抑[ソモソモ]彼は生きて居るのだろうかと、不安と寂寥感で一杯に為り、でも此の日を迎えられた喜びも綯[ナ]い交ぜに為り、母に抱き付いて泣いて震えて居ました。
でも家を出れば何時も通りのみぃの暖かさに震えは解け、何時しかお腹を抱えて笑って居る自分が居ました。
帰り道は、一日が終わって仕舞う少しの淋しさと、ずっしり心と体で抱えるプレゼントの重みと、後は・・・
生きることを、此れからも生きて行くことを許された喜び。
誰も初めから否定なんてして居なかったのだと気付いた喜び。
そして、自分が生きることを、自分自身で許してあげられた、喜び。
ずっとずっと恐かったんだ。
自分でも死ね、相手からも死ねって、詰[ナジ]られて居るみたいな、被害妄想に囲まれて。
やっと解放された。
やっと自由に為れた。
やっと、やっと後ろめたさ無く生きてゆける様な気がする。
当たり前に笑って良いんだって。
そんな気がする。

少しは大人に成ったのかなあ。
否々全然子供だよ、未だ。

そんな訳で、でろでろでろでろ嬉し泣きの一日でした(笑)
帰ったら帰ったで、祖父が泣き乍ら「花彩~、良かったなあ、おめでとう、おめでとう、」って祝って呉れて、一緒に泣き乍ら少し塩辛いケーキも食べられて。
こんなに恵まれて居て、私、良いのでしょうか。






ねぇ、パパ、見えるかなあ?
私、花彩はこんなに幸せだよ。
パパは?幸せ?
何時か聞きに行けたら、此の足で行けたら、良いなあ。





例に因って例の如く、再び泪でろでろな駄目花彩な訳ですが(笑)
だから書くのを躊躇って居たのも有るのですよ(笑)

皆、有り難う、沢山、沢山有り難う。
此れからも亀の歩みでも進んで行くから。
死に向かって居ない花彩に用は無いよ、な方とは此処で然様ならかも知れません。
でも、そうで無い方は、此れからも着いて来て戴けたのならば、此の上無き幸せ。

二十二年前に、心の底から生きたいと、産声を上げて泣いたこと。
其の決意を再び、今。
スポンサーサイト

うふふ!

110918_0654~01
もう情報解禁して良いですよね?
もう発表しちゃっても良いですよね?
今日ですもの!
何と花彩、L'Annivesary TOUR福岡公演に参戦致します!!!
ひゅーぱちぱち!!
お金も無いし、チケットの競争率も高いし、と思って諦めて居たらば、サプライズで母の彼氏さんがお仕事の合間を縫ってロッピーへ行って下さり、何とも素晴らしい強運で一枚だけ確保して下さった、と云うのがことの顛末。
少し早いお誕生日プレゼントだよ、だなんて、泣かせて呉れるじゃありませんか・・・(泣)
嗚呼もう嬉しい、如何しよう、失神必至ですよ(洒落に為らない/笑)。
L'Arcって、こんなことを言うと反感を買って仕舞うやも知れませんが、もう何時解散しても可笑しくないバンドさんだと思って居るのです。
年齢的なものも有りますし、個人個人がもう充分独立して活動してゆける立ち居地に居られる為です。
VAMPSのライヴは二度行きました。
素晴らしいものでした。
でも解散して泣いて後悔する前に、L'Arcとしてのライヴに、行ってみたかったのでした。
だから、もう感無量!!
彼氏さんには本当に何時も良くして戴いて、感謝することしか出来ませんが、心から有り難うの気持ちを伝えたいです。

未だ未だ夏の名残で体調の優れない昨今ですが、意地でも楽しんで来てやります。
絶対、途中退場なんてしてやらないんですから!!!

・・・と、何時も通り早朝覚醒した為、早く出発したいのにー!やきもき!!を紛らわす為にちょっと長文を書いてみたのでした(笑)。
七時半頃に為ったら仕度を始めようか知らん。
とっておきのお洒落をして行きますよ~♪

「踊るように、生きなさい。」

CA3J0680.jpg
今週のSONGS、Coccoさん特集でしたね!
号泣でした。(やっぱりか)
強く儚いものたち、Raining、絹ずれ(後半沖縄弁)をご披露為さって、少しだけ沖縄で暮らしてらしたことをお話して下さいました。
何冊もロングインタヴューの載って居る雑誌を読んで居ますが、沖縄のことをCoccoさんが語るには、SONGSはきっと随分短過ぎましたよね。
だが然し泪。(笑)
Coccoさんのお姿やお声は私の涙腺と繋がって居るのではあるまいか。(笑)

タイトルはCoccoさんのご本で書かれて居たお言葉を拝借。
矢張り何度拝見しても、喋るお姿、笑うお姿、泣くお姿、そして唄うお姿、どれを取っても、Coccoさんは踊って居るみたい。
大丈夫であるように、生きたいな。
踊るように、生きたいな。

ご機嫌。

CA3J0679.jpg
駆け足で通り過ぎて行った筈の
季節の名残に
私は足を縺れさせ
眩暈
過呼吸

午前六時半
此の時間の風は好き
さらさらふうわり
腕を脚を撫ぜ
ワンピースを揺らす

アイスかじかじ
帰り道
私はご機嫌
此のご機嫌を
貴方にも
貴方にも
分けてあげられたのなら、
なあ

あなたといる背中のネジが止まらないように

書かなければなあ、書かなければなあ、と思って居たらすっかり九月です。
然様なら、毎度駆け足で過ぎる夏さん。
先ずひとつ報告ごと。
八月三十一日、夏の終わりと共に祖父が帰って参りました。
リハビリが済んで、万全な状態に為ったから帰って来たのでは無く、病院の期限で帰って来たので、家族女三人総出で介護です。
誰が一番初めに倒れるかな、なんて洒落に為りません。
でも大好きな、どんな姿に為っても大好きな祖父に、朝一番に会える喜び。
此れはもう何ものにも変えがたいです。
お食事の介護、排泄の介護、其の他諸々の介護。
お風呂は週三回のデイサービスの方にお任せして。
私も出来ることは加わって、させて貰ってます。

今日も朝一番に会いに来たよ
会いたかったよ
嬉しかったよ
Cocco@玻璃の花

まさにそんな気持ち。


んーと、そんなこんなで全然外に出られて無いのですけれど(体調面も影響して)後は少し前に野暮用で近場の海を渡った時のコーディネート写真でも。
ひとつ警告。
花彩五キロ太ってます。
デブスに拍車が掛かってます。
ご自分の眼を大事にしたい方は見られぬ様。
CA3J0673.jpg
メタモルのロイヤルローズ柄のJSKにドレスハット、BABYのシャーリングブラウスに、足元はInnocent Worldの編み上げ風オーバーニー、序[ツイデ]にバッグもInnocent World。
デブってぱんぱんでもう見て居られません・・・・(泣)
徐々に減って来ては居る、と言うか過食衝動は治まって来て居るので、頑張って戻しますですよ・・・・。

おまけ。
CA3J0678.jpg
どーん!!!
取りました、グルーミーの巨大クッション(はぁと)

以上!
此処迄読んで下すった方、有り難う御座いました!!

貴方。


照り付ける太陽光
アスファルトの照り返しに
眩暈

でも もう秋の匂い
然様なら
ようこそ

一年間離れ離れ
夏と一緒に去り
夏と一緒に帰って来た
今は傍らに居る貴方
大好きな貴方
私を生かす貴方
嬉しいね
嬉しいよ

貴方の生きるお手伝いを
ほんの
少し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。