極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

2013年04月の記事

雪解け、心解け。

心の固いほつれが
ゆっくりと解けてゆく
私の雪解けは
若しかしたらもう直ぐなのかも知れない
結局の処
形は拒絶でも良い
本当は其れが
暖かな嘘だと知って居るから
泣かないよ
折れないよ
でも甘受して呉れるのならば
其れはとても嬉しく尊いこと
私の存在を
ひとりの人間として向き合って
見詰めて呉れるのなら
其れはとてもとても幸せなこと
幸せだと想えることが
何より今は幸せなこと

もう息も地面も白くない
重いコートは脱ぎ棄てた
地面を蹴って 駆けて 足取り軽く
踊る様に
今日は何処に行こうかな
今日は何に心を向けようかな
幸せな心地
幸せな、迷い

振り子時計。ネジを飲んで動かしてみせます。

今晩は!
何だか最近少しずつですがお外で活動する様に為ってから、素敵なご縁が沢山繋がって、とってもとっても嬉しい花彩です^^*
今日もそんな素敵なご縁に就いて、少しばかり書かせて戴こうかと想いますv

先ずは下の記事にコメント下すった紫苑ちゃん、何時も有り難うね!
日常の何気無いことにも眼を向けると、意外な発見が有ったりと、しみじみ嬉しいことって多いよね^^
私もそう云うものを見逃さない様生きてゆきたいです。
そしてもうひと方、匿名様なのですが、本当に有り難くも貴重な情報とメッセージをどうも有り難う御座いました!
掻い摘んでメッセージの内容を書かせて戴きますと、何と恐らく私の住む町に住まわれていらっしゃる方で(若しくは町の近くに住まわれてるのでしょうか?)、下の「三人展のお手伝いしたよ、カフェにお邪魔して来たよ」と云う記事に、「私も写真展が気に為って居てメッセージさせて戴きました」とのことでした。
吃驚し乍らも、更に読み進めさせて戴きますと、今、此れ又お家の近くに在る、でも未だ行ったことの無いギャラリーさんで、ヒグチユウコさんの個展をやって居ます、花彩さんお好きなのでは?
・・・と、もっともっとご丁寧に書いて下すってらしたのですが、そんな感じでメッセージを送って下すった方がいらしたのでした。
花彩の低スペック鳥頭、ヒグチユウコさんを検索し始めました。
ヒグチユウコさん・・・ひ、ヒグチユウコさん!!??あのヒグチユウコさん!!??
と、半ばパニックに為りましたが、ご説明致しますと、私の大好きな画家さんのおひとりで、ホルベイン(画材メーカーさんです)とコラボで可愛いグッズを発売してらしたり、あのEmily Templecuteさんともコラボでお洋服を発表されたりしてらっしゃる方で、福岡のお友達に大きな画材屋さんへ連れて行って貰った時に、此の方のコラボ商品可愛いよ、って教えて貰ったのが出逢いで、コラボのクロッキー帖を三冊程持って居て愛用させて戴いて居る・・・と云う、長く為りましたがそんな方なのです。
こんな近くで、そんな大好きな方の原画を拝見出来るなんて・・・!行かない術は無いだろうと、足取り軽く行って参りました、ギャラリーさん!(メッセージを拝読して直ぐにでも行きたかったのですが昨日は休廊日でしたので・・・)
そんな訳で、お写真撮影許可をお取りしましたので、ギャラリーさんのお写真をぺたぺたしようと思いますv

シャンデリアとロゴが可愛い外観。


一番手前にヒグチユウコさんの原画と、下にはギャラリーのオーナーさんと、ムック本も発売されて居るあちゃちゅむさんとのコラボ作品が並び、奥にも作品がずららっ!


七宝焼で可愛いピアスなんかを作ってらっしゃる作家さんが黙々と作業を為さってました。
細かくて可愛くて、花彩興味津々でした。


奥のスペースはオーナーさんのお洒落な陶芸作品が沢山、大事に並べられてました。
大きめの存在感抜群の指輪とか、とても可愛かったのですが、良く転ぶ私は絶対直ぐ壊して仕舞うだろうと断念・・・。


で、ポストカードをちょっぴり大人買い^^*
どれも可愛くて目移りしちゃいました。


で、母にお土産にと思って(と言いつつお部屋に飾って居る/笑)買った、milky popさんと云う、又別の作家さんの作られたアイシングクッキーです。
食べるのなんて勿体無いけれど、オーナーさんは美味しいですよ!って仰ってたので、何か特別な気分の時に母と食べちゃおうと思いますv
とっても楽しみですv


其れでですね、素敵なご縁の驚きは未だ終わらないのです・・・!
何と、オーナーさん自らも、作品を置いてらっしゃる方々の殆ども、何とずっと私がお世話に為って居る画塾の先生の教え子さんだったのでした・・・!!!
な、何と云うデスティニー・・・・と言うか、此の町の狭さ(笑)
そして何より先生の偉大さですよね・・・。
今度お会いした時どんな顔で、どんな風にお話して良いのやら、一瞬見失い掛けましたが、丁度前日に先生もギャラリーに訪れてらしたとのことで、あんまり嬉しかったので、帰り道にお電話で経緯を説明したら、「良かったね!花彩さんも将来的には良い作品が出来たらギャラリーに置いて貰うと良いよ、此の町の若い世代の子達が活躍して行ってくれたら嬉しいって皆想ってるから」と、そんな嬉し過ぎるお言葉迄・・・!
もう本当に、巡り巡ってゆく出逢いって本当に素敵で尊いものです。

拍手で私がヒグチヨウコさんを好きだと見抜いて、ギャラリーの場所のご説明迄して下すった匿名様、本当に有り難う御座いました。
貴方のお陰で私は今とても幸せな気持ちです。
此の記事も読んで下すってらしたら良いな^^*

では、毎度の如く長く為りましたが、最後に張り切って着たロリィタのコーデ紹介でも♪
ソックスとヘッドドレスはBABY、臙脂のブラウスとJSKはメタモルです。
箪笥の肥やしに為って仕舞って居たJSKを引っ張り出しました!
シンプル乍らも、ベビードールの形が可愛く、スカート部分は薔薇刺繍のヴェールが重ねて有ると云う、少し珍しいデザインのお洋服です。

薔薇刺繍が少し判り易いかな?と思って撮ってみた足元画像です。


ではでは、幸せいっぱいに今日は此処等で締め括らせて戴こうと思います。
お休みなさいませー★

愛 愛 愛 愛 愛されたいだけです

今晩は。
日付は変わって二十七日ですが、今日(二十六日)のことや、少し前のこと等をちょこちょこ。
お写真多く為ります、ご注意を。

母が去年?一昨年?位から一眼レフのカメラに嵌って、お家の近くの商店街の中のカメラ屋さん主催のお散歩撮影会に参加したりして居るのですが、お若い方も数名居られて、話を聞いて居ても楽しそうだなあと思って居たのですよね。
でも私は本気のカメラには興味が無い人なので、混ざれないなあ・・・残念。と思って居たのですが、此の度其の母の話に良く出て来られるお若い方三名が、此れ又お家の近くの個人経営の小さなカフェを借りて三人展をするから、「あんたどうせ暇なんだから準備為り何為り手伝って来たら」と命ぜられ、私もお話に出て来る方々とお会いしてみたいなあと羨ましく想って居たので、ちょっとお友達探しな気分でお邪魔して来たのした。
其れが今月の頭のことです。
丁度前日に母と現像をしにカメラ屋さんを訪れ、空いたスペースでせかせかと作業をしてらっしゃるのを見て居て、「明日良かったらお手伝いに来ても良いですか?」なんてやり取りもして居たので、足取りも軽く。
出来るだけ経費削減したいとのことで、額等は使わず、商店街の段ボールを掻き集めて、只管にお写真のサイズに合わせて切って、数枚重ねて厚みを出して、縁を黒のマスキングテープでカヴァーして、みたいな作業を兎に角一日中やって居たのですが、単純作業なのでお話も結構弾んで、三人展をやる中のお一人が、デザイン関係の大学を出てらっしゃることが発覚し、何其れ詳しく!!!と思いお話をお聞きしたら何やら絵を描くのも幼い頃からの趣味で・・・って、絵を見せて戴いたりも出来て(其れはもう独特で素敵な世界観のイラストで御座いましたよ・・・!)、学生時代の文化祭前の気分を味わわせて戴けて、とっても楽しくて有意義な時間を過ごせたのでした!
其の時忙しい合間を縫って撮ったお写真が此方。
ご覧の通りの単純作業です。(笑)


で!!
今日は其の三人展を拝見しに母と先述したカフェに行って来たのです^^♪
民家を其の儘使って作られたと云う、とても暖かい雰囲気のカフェでした。


加工して白飛びさせて仕舞ったことに今気付きましたが、入口横に貼って有る張り紙(四月七日~四月二十七日って書いてあるやつです)が、其の三人展のご案内です。


手が込んでらっしゃると云うか、お写真への愛を感じたスペース。
こんな風に飾ると凄く可愛いですよね!


一階、入って直ぐがこんな感じでした。
左側の壁にお写真沢山飾られてますね♪


二階席の一部にもこんな感じで、ぐるり壁一面お写真だらけ!
レイアウトにもこだわりが感ぜられて、とても素敵な空間でした!


母は定食、私は紅茶とシフォンケーキを注文。
バナナの風味がして、素朴でとても美味しかったです♪


・・・と、此処迄でお写真の話題は終了です。
母は帰って、私は病院へ行ったりショッピングモールをうろついたり図書館に行ったりの一日でした。
病院では以前から原因不明の頻脈が治療課題に挙げられて居て、普通に、緊張も何もしてないのに今日も百三十とか云う数値を叩き出したので、此れは流石に・・・とお薬が又増えました。
血圧とか心臓のお薬と聞いて少し驚いたのですが、私はもう何年も前から薬の副作用及び緊張で手が尋常じゃ無く震える傾向が有って(そう、絵に描いたかの如き薬中なんです/笑)、其れも改善して呉れるかも!と云う期待が有って、服用を決めました。
治ると良いなあ・・・。
で、片道二十分~三十分のショッピングモールを往復したので、今日は本当に良く歩きました。
図書館では「ま、待て、良く考えて行動しろ、此のコーナーは次回に取って置くんだ・・・!」等と相も変わらず貧乏性発動で(笑)、本を入れて帰る用の補助バッグを持って行ったにも関わらず、PhotoshopCS5関連書二冊、母に頼まれた本一冊、天然石の本一冊、絵の指南本二冊、小説三冊の計九冊をお借りすると云うテンション大暴走の暴挙に出た為、バッグの持ち手を持てずに下から抱え込んで帰る始末・・・。
無意味に好きなんです、大好きなんです、紙類・・・。

そんな感じで、お天気も良くてとても楽しく充実した一日でした♪
おまけで通常運行でALGONQUINSな今日のコーデ。
躑躅が綺麗に咲く季節に為りましたね^^*
ロリィタのお写真も撮り溜めてますので、近々上げますね。


ではでは、今日も長々と失礼致しました。

『五十音式』

gojuonshiki.jpg

今日はAmazonさんで頼んだ此方の『五十音式』も届いたのでもう一冊!
日々着々とPlastic Treeの楽曲及びヴォーカル有村さんの虜と為って行って居る花彩には、もう咽から手が出る程欲しかったご本です!
一度、ヴィレッジヴァンガードで見掛けたのを最後に見掛けなく為って仕舞い、本屋さんに聞いてみた処、絶版に為って仕舞って居ると知り、其れならば!とAmazonさんに助けを乞うて、入手しました。
有村さんが五年間、雑誌KERA!に掲載していらしたエッセイとも取れる、詩とも取れる、呟きとも取れる、そんな文章達とお写真達が一冊に纏まったものです。
もっと短い文章の集まりなのかなあと思って購入したのですが(KERA!は読んで居ましたが、当時の記憶は曖昧で。)、予想して居た以上にしっかりとした読み応えの有る一冊でしたので、読書記録のカテゴリに入れさせて戴くことにしました。
有村さんの文体は、何処かふわふわして居て、掴もうとしても手から摺り抜けて行って仕舞う様な、でもそっと心に沁みて来る様な、そんなイメージを抱きます。
そして、決してメロディに乗せて綴られて居る訳では無いのに、当て所の無いメロディが聴こえて来ると云う不思議な世界観。
やっぱり独特で素敵だなあと想いました。
後半半分はお写真だけの頁なのですが、其方も勿論とても素敵で^^*
レトロで古ぼけた背景やお色味のお写真は、有村さんにとても良くお似合いでいらっしゃいます。
そして此の方も老いと云うものを知りませんね・・・・。(遠い眼)

私の様なプラや有村さん初心者さんも、玄人(?)さんも、満足出来る一冊だと思います!
Amazonさんには在庫未だ御座いましたので、探していらっしゃる方は是非♪

『蛇と月と蛙』

hebitotukitokaeru.jpg

又もや少しばかり時間が経ちましたがこんにちは。
立て続けに外出して居たら見事に体調を崩して寝込み、今日迄読書すら不可能でした。
でも元気なので大丈夫です。
今日読んだ本、『蛇と月と蛙』も、図書館で借りて来た田口ランディさんの新しめ(二〇十一年発行)のご本です。
前回は私小説の様なエッセイの様なご本でしたが、今回はフィクションの短編集でした。
 其の一、「影のはなし」は、生きて居る人間にべったりと張り付いて居ると云う“影”に就いてのの考察と死に就いて描かれて居ます。
 其の二、「むしがいる」は、鳥インフルエンザに翻弄され、小さな息子が人を指差して言う、何かの象徴である“むし”に翻弄される女性のお話。
ラストには首をドスッと落とされるかの様な衝撃が有りました。
 其の三、「4ヶ月、3週と2日」は、同タイトルのルーマニア映画にまつわる(恐らく)ランディさんの体験、女性の解放、性、映画の主題と為る、“堕胎”に就いて描かれて居ます。
 其の四、「河童と遭う」は、ランディさん作品では珍しい男性主人公のお話で、迷信を疎み、芥川龍之介の小説「河童」を好むやや堅物の主人公が、知人の死をきっかけに沖縄へ行くことと為り、不思議な体験を通し、日々の細やかなことを想い直す様な、そんなお話です。
 其の五、「月夜の晩に」は、男にだらしのない母に、養子として実母の妹に育てられた主人公が、死に際の義母の傍らで、生理的に好きに為れない実母とのやりとりをする場面を物語の軸とし、幼少期を一緒に過ごした二匹の犬とのエピソード等を交えたお話です。
 其の六、「蛇と月と蛙」は、群像劇の様に、名前も明かされぬあらゆる人々(脚を失くした男性、カミサマ、味噌を作る人、童話の中の人物等々、兎に角多種多様な人々です)が、此の本の土台に在るキーワードと思しき“ヒト以外の生物と人間”に就いて、在り方を導き出してゆくお話です。

人間は人間と云う生き物だけで成り立って居る訳では決して無く、身の回りに何時も居る小さな(時に大きな)物言わぬもの達の存在が在ってこそなのだと云うことを忘れて仕舞っては、何時か滅びることに為るのではないかと云う、ランディさんの警告の様なものを感じ取りました。
どのお話も、何処か背筋が薄ら寒い情景を描いて居て、好き嫌いははっきり分かれて仕舞う作品だとは思いますが、最後迄読めば、此の作品は短編と云うより、ひとつのとても大切なテーマに沿って書かれた短編連作なのだなあと深く想わされる様な作品です。
どうか表紙にビビらずに(笑)読んでみられることをお勧めします。

全部あらすじをご紹介して居たらえらく長く為って仕舞いました。
此の作品に関しては、此れにて終了とさせて戴きます。

『ベッドタイム・ストーリー』

bedtimestory.jpg


本日の一冊は此方も大好き乙一氏の『ベッドタイム・ストーリー』。
此れは中古屋さんで購入しました。
乙一氏の新作をもう随分読んで居なくて飢えて居たのと、此の作品には坂本真綾さんの朗読CDも付属して居て、彼女のことも好きなので即買いでした。
ショートショートの絵本みたいな作品だったので、すらすらっと読めました。
お友達からはハンカチ必須だよ!!と言われて居て、覚悟して読んだのですが(過去の乙一氏の作品には散々泣かされて来たので/笑)、泪が出ると云うよりは、乙一氏の思考の深さにゾクゾクと鳥肌が立つ感じでした。
ストーリーは、短いのでネタバレする可能性が高いので軽くご紹介。
遠くのものを動かせるけれど、近くのものは動かせない超能力を持つと云う女の子と、やや現実主義の男の子の物語。
・・・本当に軽く為って仕舞いました(笑)。
今は朗読CDを聴き乍ら此れを書いて居るのですが、坂本真綾さん好きなのですが、私の様なおたくな読者以外には必要無いんじゃないかと思ってみたり・・・。
其れより、もっとショートショートを沢山書き溜めて分厚い一冊にして欲しかったなあと。
そして話が薄いと迄は言いませんが(短いから仕方有りませんし)、乙一氏の昔の作品に良く有った、ラストの大どんでん返しが無かったのも淋しかったです。
何だか残念だと想った点ばかり挙げて仕舞いましたが、全然残念な作品と云う訳では御座いませんよ!
イラストの効果も相まって、何かきらきらとした星空の光景が読んで居る間中頭の中に広がって居る素敵な世界観でしたし、最近私の興味の有る天体のお話だったので、又夜に空を見上げてみたくも為りました。
そんなお話です。
SFファンタジーなので現実から掛け離れて居る設定かと思いきや、ゾクゾクするリアリティも有って、まさに夜寝る前に読むのに丁度良い『ベッドタイム・ストーリー』でした。
次回作に期待を大にして待って居ます!!

『サンカーラ この世の断片をたぐり寄せて』

sankaara.jpg


久し振り過ぎる読書記録カテゴリの更新です!
以前Coccoさんの小説、『ポロメリア』から実に二年の月日が経って居ます。
病気やらお薬やらの所為で読書スランプに陥って仕舞って居たのが原因。
中々活字を追えませんでした。
・・・が!やっと速度は落ちましたが活字復活出来ました、わあい!!(泣)

そんな復活後第一冊は、やっぱり大好き、田口ランディさんの作品、『サンカーラ この世の断片をたぐり寄せて』。
初め、フィクション小説だと信じ込んで読み始めたのですが、どうやら此の作品、エッセイに限り無く近い私小説だったと云うことが発覚。
エッセイは何故かどうにもこうにも読まない主義なのですが、本当に田口ランディさんのだけは読めて仕舞う。
もっと彼女のことを知りたいと云う欲が湧き上がって来る。
なので此の作品も等しく、“知りたい欲”を掻き立てられ、休憩一時間で後は一気に読破致しました。
今日本や世界各国が抱えて居る問題。
東北地方太平洋沖地震から続く各地での災害、原発問題に原爆、死刑に自殺、病、水俣。
そして人が老い死にゆくと云うこと。
とても重いテーマです。
が、どれも眼を逸らしてはいけないし、此の国に住んで居る以上着いて回って来る問題です。
正直に申し上げますと、此の本を一冊読み切った処で、何ひとつ解決する筈も無ければ、解決策を見いだせる訳でも御座いません。
でもランディさんはとても正直に書かれました。
言葉は少し掻い摘んで書くので違いますが、「認めたくないけれど、此の非常事態に私はわくわくして居た」と。
「わくわく」、絶対アウトの不謹慎過ぎる禁止ワードです。
其れを敢えて書いて仕舞うランディさんの、自分の心に対する素直さ。
大きな出来事が起きて、てんやわんやの悲惨な大惨事の中でも、人は好奇心や知的好奇心をくすぐられ、「わくわく」して仕舞うものなのだなあと、衝撃的でしたが改めて思い知らされました。
又、ランディさんは何時もご自分に就いてお知りに為りたくて、ぐるぐるぐるぐると旅を続けていらっしゃる方なのだとも想いました。
自分を知る為に、日本の、世界の悲惨な事件の有った場所へ足を踏み入れる。
自分を知る為に、文章を書かれる。
総ては自分と云うものは何なのかを知る為に。
ううん、力量が足らなくて言葉にしたいことが言葉に為らないです、歯痒い。
でも、掻い摘んで書けば、私は此の本を読んでそんなことを感じました。
そして不思議なのが、ランディさんのご本と出会う時私はとても必然的に其のご本に引き寄せられて居る様に想います。
此の作品の中に出て来るワードも、何処か私の今の心境や現状に似通った部分が多くて。
私は今此の作品を読むべくして読んだ、と云う感じです。

決して軽いお話ではありません。
でも、ランディさん特有の重いものを重く書かれない文体と申しますか、そんな感じなので・・・あ、然も発売したのが去年の一月と、未だ新しい本なので、現代の抱える問題に少しだけでも耳を傾けてみたい、想いを巡らせてみたいと云う方にはお勧めです。
では長く為りましたが、此れにて終了!です。

生まれ萌ゆるは 花うさぎ

又少し時間が経ちましたが元気です、こんにちは。
日々暇で、ちょこちょこ外出出来る時にはして居るのですが、記事にすると為ると詰まらないものに為って仕舞いそうで、少し自重してました。
でも今日は!例え詰まらないと思われて仕舞っても!私がフィーバーしたので書いちゃいます!!(笑)

えっとですね、元々大好きな馴染みの図書館が何と家から徒歩五分掛からない場所に在ったのですが、其処が数年前に家から近いと言えば近いのですが、バスで少し走った処に移転して、新装してオープンしたのですよね。
昔から本当に近くに図書館が在るのが当たり前だったので、バス代を払って迄図書館に行くと云う感覚がイマイチ掴めず、以前楽天のモデルのお仕事をちょこっとさせて戴いて居た時に撮影で数回行ったのみに留まって居たのでした。
で、今日何とは無しに気が向いて、図書館行ってみるかあ!と重い腰を上げ、軽くお化粧して行って来たのですが・・・
素 晴 ら し い !
図書館てこんなに綺麗で(新しいから当たり前なのですが/笑)、品揃えが良い場所だったんだ!と眼から鱗モノでした。
確か一階~五階位迄在って、本が置いて有るのは四~五階のみで、後は多目的のお部屋や会議室やホールが沢山設備されて居り、お教室や催し物なんかが行われて居る様なのですが、四階は子供向けの階で、大量の絵本と児童書、子供達がごろんごろん出来るマットが敷かれたスペース等が広々と用意されて居ました。
私は絵本も大好きなので、今度行った時はゆっくり見てみようと思います♪
で、五階なのですが、こんなに前の図書館に本って有ったっけ!?と思う程に沢山本が有って、花彩よもや図書館で迷子状態でした(笑)。
スタッフさんのお勧めコーナーやポップも丁寧に作られて居て、見て居るだけで楽しい空間。
新しい漫画なんかも、予約が必要そうでしたが、沢山取り入れてゆく方針な様でした。
後、全国で初の試みなのだそうですが、「読書通帳」と云う、本当に銀行の通帳の様に、機械に通すと今迄借りた本が記帳されてゆくと云うシステムが導入されて居て、普段なら二百円で発行、でも今は無料キャンペーン中だそうで、私もるんるんで作って戴いて参りましたよ♪
嗚呼そうそう、此の図書館特有の静謐でひとり自分だけの世界にのめり込める雰囲気が好きだったのよねえ♪とご機嫌に為って仕舞いました。
絵の資料や、Photoshop関連の本なんかはお高くて中々自分では沢山買えないのが現実なのですが、そんな本達もずらららっと揃って居て、テンションがMAX迄上がり、「どどどどうしよう、私今好きなものだけに囲まれてる!!幸せ過ぎる!!」と軽くパニックに陥る始末。(笑)
然し莫迦者花彩、此のチャンスにサブバッグを持って行くのを忘れ、借りるのはALGONQUINSの大きめの鞄にぎっちぎちに入る四冊だけに留まりました・・・。
然もパンプスで行ったものですから、ぐるぐるぐるぐる歩き回ると足が痛く為って仕舞い、挙句今日は眩暈が酷く、立ったり座ったりが覺束無い始末で、思い切りエンジョイは出来なかったのでした・・・。(しゅん)
ですが何より私のテンパり具合が半端では無く、貧乏性も発動されたので、「あっ此の本良さそう・・・否待て、でも此れは次回に取って置くべきでは・・・?そうだ今日は見ないで置こう!」とか考え出したのがそもそもエンジョイ出来なかった理由の様な気も致します。(笑)
次回行く迄に全部改善して置こう。(笑)
あ、外観はこんな感じです!綺麗ですよねえ!


そして暫く読書離れして居たので存じ上げなかったのですが、大好きな田口ランディさんの新しめのご本を発見したので其れを二冊と、絵の資料二冊をお借りして帰って来たのでした!
此れは若しかしたら、久しく更新して居ない読書記録のカテゴリが近々更新されるのかも知れない・・・!と自分でもわくわくして居ます^^*

さて本を早速読もうかなあ♪
・・・と思ったのですがもう一件おまけです。
先日みぃが色々と御座いまして遠方から帰国(笑)致しましたので、遊んだ時のコーディネート写真をぺたぺたします。
ロリィタのお写真がもう随分無かったので、其方お目当てでいらして下すって居る方には申し訳無かったのですが・・・今回久々にロリィタコーデです!
おばはんでも花彩はロリィタ手放しませんよ~!!未だまだ頑張りますよ~!(笑)



やっぱり此のスカートは後ろバッスルが最強に可愛いですvV


ではでは今度こそ!読書タイムです!!
此処迄読んで下すった方は、有り難う御座いました^^ノシ

四月馬鹿

ちょっとばかしお久し振りです、今晩は。
ストーカー事件(?)には、ご心配のお声を沢山有り難う御座いました。
恐らく昨日でお店が閉店して、其の時点で何も起こらなかったので、もう大丈夫かと思われます。
暗い時ひとりで出歩かない、戸締りはちゃんとする、とか、当然のことですが自分なりにも気を付けて居ますし・・・。
取り敢えず此の話題には終止符を打ちたい所存で御座います。

さてさて新しい明るい話題を!!
今日はリフレッシュパークと云う処に春の行楽に行って参りましたよ^^*
矢張り未だ少し寒かったですが、菜の花が一面に咲いて居て、とても和やかで気持ちが良かったです。
でも今回のメインは其れじゃあないのですよ・・・ふふふ。
お写真沢山撮りましたので、以下からぺたぺたしてゆこうと思います!
毎度のこと乍ら、画像過多に為りますのでご注意を。
そして今回はアプリで画像加工して遊んで居ますので、自然のお色味がお好きな方にはご免なさい。

ではではでは・・・・
はい、今回のメイン・・・・お馬さん!!!
今回は近くの乗馬クラブから出張にきて居るお馬さんに会いに行くのをメインにお出掛けしたのでした。
いやあ、何ともご立派です!!


草を食み食みお馬さん。
無心に食べてました、物凄い勢いでした。
「むしっっ・・・もっもっも・・・むしっっ・・・もっもっも・・・」(咀嚼音/笑)


そして更為るメイン・・・
乗馬体験!!
とっても小さい頃に一度乗馬体験はしたことが有るらしいのですが、記憶が無いのでほぼ初体験。
なでなで。
宜しくね、暴れないでね、馬に蹴られて死ぬのは厭よ、のご挨拶。(笑)


いぇーい!!爽快!!!
あの気持ち、何て例えたら良いのでしょうねえ・・・。
「生き物に乗る」体験ってそうそう無いと思うんですよね。
車でも電車でも飛行機でもない、生き物に乗る感じって、何処か心許無い様な、不安定な様な、其れで居て何処か暖かくて安心する様な、そんな感じがしたんです。
此れってとても貴重な感覚の体験ですよね!!
・・・と、ひとりフィーバー。(笑)


テンションMAX★
バックの菜の花が良い感じです!
でも意外と短かったです、時間・・・。
狭い囲いの中をぐるりと一周。
まあ、其の後もご親切なスタッフさんの許可を得て、囲いの中で沢山お写真撮らせて戴いて居たのですが!
何と申しますか、本当に心から楽しかったです!
童心に帰れたと云うか・・・否、中身は飽く迄中二の儘なんですが。(笑)
お馬さんのお写真は載せ出すとキリが無いので此処迄です^^*
有り難うジミー君!(お名前らしい/笑・・・っちゃいかん)


桜は今年は花振りが少ないらしいのですが、お花見もしっかり楽しんで参りましたよ!
引いて撮ると矢張り花振りの少なさが目立つので、お花だけアップで一枚。


リフレッシュパーク内の兎さん。
白い子達の中に茶色の子が混じって居て異様な可愛さを放って居ましたv
時期的にイースターにぴったりかなあと思って何枚か撮った内の一枚です。
否、何か特別にお祝いする訳ではないのですが。(笑)


∑スワン!イコール!メタモル!!
と思って激写した一枚です♪
優雅で良いですねえ♪
足バッタバタしてましたが。(笑)
そして時々犬のような鳴き声を上げてらっしゃいましたが。(笑)


ビビッドカラーが可愛い芝桜。
昔中学高校時代の登下校中に通る、学校の敷地内のお庭にも沢山見事に咲いて居たなあ・・・なんて想い出したりもして。


以上です!
後はどうでも良い私の本日のコーディネート写真。
菜の花に免じて見てやって下さい。
ダメージを受け過ぎたダメージジーンズ・・・。
好い加減限界を感じて来ました。(笑)


では、今回も長々と読んで下すって有り難う御座いました!
失礼致します!^^ノシ