極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『AMEBIC』

amebic.jpg

今日はもう一冊ご紹介。
芥川賞を受賞されたことで有名な金原ひとみさんの『AMEBIC』
此の読書記録は短く終わりそうです・・・
此処迄感想を書き辛い本は初めてですので、或る意味レアです。(笑)
大まかなストーリーは、摂食障害者の女性が完璧に作り上げた洋菓子を作った傍からぐしゃぐしゃにしてみたり、婚約者の居る彼の居ない処で彼の婚約者を演じてみたり、分裂してみたり・・・
因みにタイトルの「アミービック」は、調べてみると、「曲芸的自己中心主義が脳を浸食する事による想像力の崩壊」と云う意味の略語なのだそうで、作中で主人公が自分自身の体の各部が分裂してどろどろ溶け合って居る様に感じて居ると云う処から付いたタイトルなのだろうなぁと思いました。
うぅ、やっぱり上手く言い表せません。
けれど私は賛否両論分かれた『蛇にピアス』の方が鋭くて斬新で好きでした。
文章や雰囲気や世界観は大好きなので、他の本も探して読んでみようと思って居ります♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。