極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

私は私を許せないまま シグナルを無視して生きてゆくけど

早朝覚醒したり何だりでどたばたと午前中迄の診察に間に合う様に(木曜はお昼迄なのです)病院へ行って参りました。
お仕事云々で通院日をすっ飛ばして居たので、もうお薬が無くて。
お話は矢張りお仕事のことと障害者年金受諾のこと等。
先生はやっぱり家族と良く話をして受けた方が楽に為るから、そうした方が好いのではないかと仰しゃります。
でも私なんかがそんなものを受け取って甘え腐って良いのか否かが判らないと云うのが正直な処です。
でも更に正直な処は、私なぞが甘えたことを口にして良いならば、私は私を許してやりたいです。
Coccoさんも未だご自分をご自分でお許しに為れないと仰しゃって居りました。
Coccoさんの様な大業も成し遂げられて居ない、こんな私が言うなんておこがましいにも程が有るのですけれども・・・
もう全部を良いよって、でもそしたら私は総てを無に返す(=死ぬ)、若しくは返そうとするんだろうなぁ。
そう為れるのが一番楽なのだろうだけれど、二度首を吊って二度共紐が切れた私には未だ時が来て居ないのかも知れない。
何だか支離滅裂な文章ですが、読んで下さった方、有り難うでした。