極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくつの出逢いをさよならで塗り替えるのだろう

091226_215635.jpg
大変ご無沙汰して居ります、何とか生を繋いで生きて居ります、花彩で御座います。
何からお話して良いのやら・・・
此処約一ヶ月の空白。
何が起こったのかは自分でも良く判らないのです。
簡単に言って仕舞えばスランプ。
文章を書くと云うことは、同時に自分と向き合うと云うこと。
其れが如何にも怖くて仕方が無く為って仕舞ったのでした。
自分の大切な大切な場所である筈の此処サナトリウムに足を踏み入れることさえ恐ろしくて、距離を取るしか脳の無い日々。
本当は凄く凄く恋しかったのに。
更新が停止して居る間も足を運んで下さった方や、此れ又怖くて見られなかった拍手ですが、今し方拝見しましたがメッセージを下さった方には本当に申し訳有りません。
自分勝手極まり無い管理人でご免為さい。

又一年が終わるので、せめてもの締め括りにと勇気を振り絞って浮上して参りました次第で御座いますが、勇気出し序[ツイデ]、新たな気持ちで又此処を大切な場所として、息を吹き込み直そうかと考えて居ります。
通常運営に、戻したいと思います。
暫くはリハビリの様な文章の羅列に為るでしょうけれど、お付き合い戴けましたら幸いで御座います。

浮上して来たからには近況報告もせねば為りますまい・・・
お仕事、辞めました。
「もう貴女には着いて行けません」と、泣き乍ら伝えて、社長さん方に止められるのを振り切って、辞めて仕舞いました。
先輩店員の方の酷い言葉と態度の暴力に、もう耐えられなく為って仕舞った・・・と云うのは表面上の理由。
辞めて少し経ってから、自分の至らなさにやっと気付いたのでした。
心の中では「あの人が悪い、あの人が居るから私は働けなかったんだ」なんて、絶望的に性根の悪いことばかり考えて居ましたが、そうではなかったのです。
私がもっと辛抱強くて忍耐強ければ、もう少し大人に成って物事を見極めることが出来て居たのなら、こんな結果には為らなかったのではないか、と。
要は相手が云々[ウンヌン]ではなく、自分の気持ちひとつで総ては変わって居た様に思うのです。
大好きで憧れだった石のお仕事。
何度も何度も、もう一度頭を下げて雇い直して貰えないかと考えましたが、私にそんな資格が最早残って居ないことは一目瞭然で。
一ヶ月、悩み倒しました。
自分の至らなさに不甲斐無さが込み上げて来て、何度も自分を傷付けました。
結局何も出来て居なかった。
辛くて仕方が有りませんでした。
けれどお給料日に為って、口座を覗きに行ったら、想像以上の大金が振り込まれて居ました。
現金な奴だとお思いかも知れませんが、やっと救われた気がしました。
勿論お金が貰えることは嬉しいことです。
けれど其れ以上に、自分のして来たことが、形に為って眼に見えて、漸[ヨウヤ]く許された気がしたのが何より嬉しかったのです。
私がして来たことはどんなに歪でも、不器用でも、遠回りでも、決して何も出来て居なかった訳ではなかったのだと。
精一杯、誰に認められなくても私為りの精一杯が、やっと認められた気がしたのです。

次の勤務先の面接が年明けに控えています。
やっと過去を振り切って次の場所へ行ける。
頑張ります。

書きたいこと、お伝えしたいことは他にも沢山、山の様。
お見せしたい写メは携帯の中に溢れ返って居ます。
ゆっくりと、紐解いてゆきたい。
若しも貴方が着いて来て下さるのであればこの上無い幸せ。

良かった。
ちゃんと書けた。
ではでは、二〇〇十年も極彩色サナトリウムをどうぞ何卒宜しくです。
長いブランクを埋めるべく、精一杯更新してゆきたいと思います!
珍しく(一時的に)前向きな花彩で御座いました(笑)



二〇〇九年十二月三十一日
花彩拝

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。