極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

大丈夫であるように

手術時間は大幅に長引いて、其の時間、実に十時間半。
大変な長丁場で御座いました。
九時頃帰って参りまして、取り敢えずお化粧を落として、即カタカタ打ってます。
色々な方が、本当に沢山の方が祖父と私のことを心配して下さって居て、メールも拍手も沢山で、なので早く報告するのが礼儀だろうと思いまして。
・・・後、少し肩の力を抜きたくて。

身体を開いてみたら、お医者様が思ってらした以上に状態は悪く、予期せぬ事態に悪戦苦闘で長引いたのだそう。
ご説明を母と一緒に受けたけれど、中々難しくて文章に出来ません。
大動脈解離(血管の内側の周りが膨らんで、酷く為ると圧迫されて血流が止まって仕舞う状態・・・多分。)とやらを起こして居り、其れを食い止めるか悩んだそうなのですが、其れには更に心臓の別の部分を切らなくてはいけなく為り、そうすると恐らく身体が持たなく為る為、膨らむ可能性と比べてリスクの低い、現状維持(=放置)を選ばれたそうなのですけれど、先述した通り酷く為ると血流が止まって仕舞い、あらゆる部位が壊死して仕舞い、死に至る、と云う具合なのだそうです。
後、手術中、脳に至る血流が五分間程悪く為ったそうで、其の後遺症も若しかしたら有るかも知れず、頭に入れて置いて下さい、と。
率直に申し上げれば、状況は良くない、です。
今夜が所謂[イワユル]ヤマなのだそうです。
けれど明日無事目覚めて安定すれば、恐らくですが大丈夫とのこと。

私はと言うと、お恥ずかし乍ら、正直もうくたくたに衰弱して居ります(苦笑)
けれど皆さんの励ましのお言葉に随分力を戴きました。
待合室でのみぃからのメールに泪が眼一杯に溜まったけれど、呑み込んで。(みぃは何時も私を泣かせます/笑)
八時半頃総ての処置が終わって、未だ全身麻酔で動かぬ祖父を前にして、「じいちゃん、お疲れ様、頑張ったね」ってずっと言いたかったことを言って、そしたら聞こえてない筈なのにぴくん、て動いて呉れて、でも其の時も泪を呑み込んで。
だからもう良いだろう。
今位、ひとりに為ってこうして画面の前で居る時位、もう泣いたって許されるだろう。
嗚呼。
大丈夫であるように。
大丈夫でありますように。
泪が止まらないよ。
ごく近しい大事な人が苦しんで居るのを見るのがこんなにも辛いなんて、お恥ずかしいけれど二十一年生きて来て初めて知りました。

明日は一時に又ご説明が有るそうだけれど、朝起きたら一番に面会しに行って、状況を把握して来ます。
もう此れを投稿し終わったら泪を止めるから、今だけは。