極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巡り廻る 命の雫

暗い話題続きで、今回も明るい話題を書けそうにないので、せめて家のベイビー(笑う処)のお写真でもぺたり・・・
SH3F05950001.jpg
嗚呼可愛い愛しい癒されるー・・・(うっとり)
寒い時は猫用カーペットの敷いて有るドーム(通称「巣」)にてお休みです。
嗚呼可愛い愛s(以下略)

さて、昨日は流石に私が体調が余りにも可笑しくて、急遽病院へ行って参りました。
立って居ることはおろか、座っているのさえ辛かったので。
診断して戴くと、脈が異常に早かったりで、甲状腺に何らかの問題が有るのやも知れないと云うことで次回血液検査です、わくわく。
お薬も少し増えました。
今は幾分か良く為りましたが、やっぱりきついです。
こんな処でへこたれて居られないのですけれどねー。
しゃきっとせんか、花彩。

で、昨日も今日も、ずるずる身体を引き摺って祖父の病院にも行って来たのですけれど、昨日は一昨日と同じく眼も開いて居ない状態だったのすけれど、今日は飛躍的に・・・と迄は行きませんが、幾分か意識がはっきりとして居り、焦点は微妙に合って居らずとも眼は開いて居り、朦朧と錯乱して居る様ではありましたが言葉もむにゃむにゃもごもご喋って呉れました。
驚くべきことにメモを寄越せとか言って来て、渡して固定すると、ほぼ暗号でしたが、欲しいものやして欲しいことを書いて居ました。
其の中に、「花彩 チョコ 黒」と、はっきりと書いて有って、やっぱり泣きそうに為りました。
私がチョコレートのビターが好きなのを知って居て、良く買って来て呉れて居たのです。
こんな意識が朦朧とする、夢うつつの中で、私の好物なんかに気を掛けて呉れるなんて。
じいちゃん、やっぱり大好きだよ。

来て居た叔父二人は帰って行きました。
家の中に慣れない人が居るのは落ち着きませんが、何だかしっかりした男性と云うものが二人も居て呉れると云うのはとても心強く思えたので、大変淋しく心細いです。
私もしっかりしなきゃな。
うむ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。