極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

ひとりぼっち怖れずに生きようと夢見てた 寂しさ押し込めて強い自分を守っていこう

一月一日~一月二日に有ったこと、未だ思い出すのはしんどいのですが、此処ででも吐き出さなければつっかえた儘で、苦しい儘で、眠れない儘なので、一思いに書いて仕舞おうと思います。
書いて仕舞えば意外に呆気無いものでしょうし。
尚、誹謗中傷目的の方及び批判的な意見、否定的な意見を持つ可能性の有る方は絶対に以下からは読まないで下さい。

こんな処見てないでしょうけれど、一応主要人物は、花彩、Aさん、Bさん、とします。
下の記事から読んで下さっていらっしゃる方は誰が誰か判って仕舞うやもしれませんが、悪しからずお願い申し上げます。
Aさんの周りには人が沢山集まるので、ご迷惑をお掛けする前に花彩は単独行動に移りました(以前にも身の程を知らずにご迷惑をお掛けした経験が御座いますので)。
此れは下の記事にもお書きしましたね。
BさんはAさんのグループに加わり、花彩はそう離れていない、徒歩十分~十五分の場所(場所をバスの運転手さんに訊ねた処、其の位の時間で着くよ、と言われ、実際その位の時間で無事着きました)を一人旅して居り、身体は疲れ果てて居たものの、普段行かない様な場所をマイペースに回れて、とても楽しかったです。
Bさんとはカラオケで一晩明かして、次の日の天神コアの初売りに行こうね、と約束して、後で合流しようと言って居ました。
けれど都会の夜は危険です。
暗く為ってから丁度良いカラオケ屋さんを探すのは危ないと思いましたので、何も考えて居らず、遊びたいだけのBさんは置いて、先に何軒ものカラオケ屋さんを巡って料金や時間設定をメモしてゆき、最終的に二軒のカラオケ屋さん迄絞り込み、Bさんに連絡しました。
すると時間も場所もどちらでも良いとの返答が有りました。
Bさんは九時~十時頃に合流したいとのことでしたが、私は疲れ果てて仕舞ったので、夕方、フリータイムが始まる頃に、行き成り降り出した土砂降りの雨にずぶ濡れに為り乍ら、何とか片方のカラオケ屋さん(街の中心部から一直線の先に在るモールで私は時間を潰して居たのですが、其処へ至る迄の道程に在るカラオケ屋さんです)迄辿り着きました。
そして、九時~十時頃にもう一人入れるのかちゃんと確認を取って、ロビーでBさんに連絡を入れました。
すると「話が違う」と言われました。
「私は街中心部に在るカラオケ屋さんに行く積もりだったんだ」と。
街中心部から私の居る場所迄は、先刻も申し上げた通り、一直線、迷う余地等有りませんし、モールより手前に在るのでもっと近い筈でした。
そして街中心部はバスがごまんと通って居ますし、雨を凌ぐ為の傘を売って居るコンビニだって無数に在ります。
なので、「ご免ね、じゃぁ此処迄の道、今一緒に居る人達(地元の方も居られた様なので)にお聞きして、九時か十時か、好きな時間に合流しよう?」と言うと、機嫌を損ねたのか無言。
仕方が無いので、取り敢えず場所を周りの方に聞いてみて欲しいんだけれど、と言うか一方通行だから絶対に迷わないんだけれどね、と返すと、訊ねてらっしゃる模様。
でも電話口から聞こえるのは黄色い笑い声。
暫く・・・否、可也待って、「如何だって?判った?」って聞くと、「うーん、曖昧みたい」との有り得ない返答。
現地人でもない私が難無く来れる道を、地元の人が知らない筈が有りません。
嗚呼、只面倒臭いだけなんだ、と判りました。
其処で何故かAさんが電話を代わりました。
「Bさんが迷子に為ったら如何するの?雨に濡れたら如何するの?」
質問攻めにされます。
だから再三迷子に為る様な道ではないと言って居るのに、Aさんは飽く迄Bさんの味方です。
同時に飽く迄私は悪者です。
「此処迄Bさんを迎えに来て」と、土砂降りの中傘も持って居ない私にAさんは言い放ちました。
其れは無理だし少し辛いよと、色々な案を提供しました。
「此方に来る百円バスに乗せてあげて呉れる?」「傘を売って居るコンビニを探してあげて呉れる?」
Aさん、「其れ全部花彩の都合じゃん。此処迄来てよ」。
其れからがんがんがつがつ、私の最も苦手とする喋り方で責められ続けました。
Bさんが濡れるのは駄目なのに、私がずぶ濡れに為るのは良いの?
泪がぼろぼろ出て、発作が半分出て居たので、「本当に申し訳無いんだけれど、今日はもう別々にしようってBさんに伝えて」ってお願いしたら、一番ショックな言葉が返って来ました。
「私はBさんをひとりには出来ない。其れに発作とか言ってるから何時迄も弱い儘なんだよ」
健常者の方には判らないのかも知れないけれど、発作なんて生理現象だよ・・・?
生理的に出て来るものの所為で私は弱いの?
其れから先は発作で良く覚えて居ませんが、兎に角ボロカス言われてました。
最終的には「ひとりが良いんでしょ、ひとりで大丈夫なんでしょ、ならひとりで居たら?」
抑[ソモソモ]私は何故Bさんとの話し合いをして居た筈なのにAさんにこんなに泣かされて居るの?と我に返り、Bさんに電話を戻して貰いました。
「如何してAさんに代わったりするの?私達の問題でしょう?」泣き乍ら言ったら、「埒[ラチ]が明かないからAさんが代われって言うから・・・」
其れから又無言。
で、出て来た言葉は「今ね、おばさんの調子が良くないからって連絡が有って、しょっちゅう電話が掛かって来て迷惑だろうから今日は別々でってことにしなさいってお母さんが・・・」
と見え透いた嘘。
携帯二台持ちもして居ない子が、如何やって私と通話中の"今"其の連絡を受け取れると言うのでしょう。
後日Aさんのmixi日記を見たら、皆で楽しく夜を明かしたそうです。
初めから私なんて必要無かったんだよね。
其れから約十三時間私はカラオケ屋さんでひとりで時間を過ごしました。
・・・此れがことの顛末[テンマツ]。
長々と失礼致しました。
Aさんの日記には私のこと等一文字も書かれて居らず、居ない人として扱われて居ました。
二日、何とか気をしっかり持ち直して、コアの初売りの列に並んで居て、Bさんと擦れ違いましたが無視されました。
私は又二人も一気に人を失いました。
マイミクもモバ友も一思いに解除して仕舞いました。
現在人間不信の真っ只中です。
もう何も、誰も信じられない。
女の子は如何して群れて一人を攻撃するのが好きなのでしょう。
先月も同じ様なことが有りました。
でも良いのです、私はそうは絶対に為らないから。
ひとりでも歩ける足がちゃんと此処には備わって居るから。
何時も、毎度、悪者扱いだって構わない。
其れは私にも非が有ると云うことなのだろうから。
嗚呼でもじゃぁ此の泪は一体何なんだろうなぁ・・・。

早くお買い物品、開封してあげなきゃな・・・。

此処迄読んで下さった方・・・いらっしゃるのか甚だ疑問ですが、愚痴にお付き合い戴き有難う御座いました。
幾分かすっきり出来た様に思います。
次の記事からはちゃんと明るい記事、書けたら良いなって思ってます。
其れでは失礼致します。