極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊れた心に降り注いだなら 遥かな季節も渡って行ける!

節分の行事ごとから帰ってからひと時の休み、お風呂タイム。
上がったら髪の毛との格闘(未だやってる)とブログ更新が待って居るから。
そんな訳で今晩は、只今帰りました、花彩で御座います。
節分行事が思いの外、画像過多の長めな記事に為りそうだったので纏めてみます。
花彩の住まう土地の氏神様の処の節分行事をご紹介です。
先ずは一番のビッグイヴェント、二名の鬼さん達の舞です。
其の舞って居る鬼さん方に専用に販売している豆をぶつけるのですけれどね、此れ、最前線で見て居たら結構な危険を伴います。
・・・と経験で知りつつも前へ出たがる学ばない私達・・・・。
花彩は右目をやられ掛けましたよ。
笑いごとじゃないですよっ!!(笑)
撮ったのが黒いお面に黒い髪の鬼さんだったのでイマイチ判り難いですが、お写真ぺたり。
CA3J0122.jpg
近くで見ると棍棒で地面を男の人の強い力で思いっ切り叩いたりして、物凄い迫力なのですよ。
般若さんは舞わなかったのですが、此方は此方で物凄い迫力でした・・・。
CA3J0123.jpg
でも此処は日本人根性ではい、ぴーすv(笑)

片隅ではどんど焼きをして居て、小さなものはしめ縄から、大きなものは神棚迄、人は崇め拝んで、家の中で最も高い地位(日本語難しい・・・)に有った大切「だった」ものものを、大きな大きな炎の中に放ってゆきます。
胸の内は如何為るものか?
私はCoccoさんが確か映画の中でファンレターや自らの髪の毛迄をも燃やしてらっしゃる風景を想い起こして居りました。
感慨深いものが、文章に出来兼ねる感情が渦巻きました。
CA3J0126.jpg

祖父のことなんかで行けて居なかった初詣で引き損ねたおみくじ、引いて参りましたv
結果は中吉と云う微妙な感じで締りが悪いのですが(否、気持ちのですね、)、裏に書いてある“神の教”為るものにうっかり泪しそうに為りました。
『声は消えても、こころの底にきいた言葉が生き残る
強く打てば大きく響き、弱く打てば小さくひゞく。
した事、いうた事、思った事、よいも、悪いも悉く[コトゴト]く皆、何物かに影響して、永遠にあとを残す。
慎むべきは、其思い、其行い、其言葉、恐るべきは其影響、其反発である。』
以上。
此方も感慨深い。
うん、うん、って深く頷き乍ら拝読致しました。
語りだすと長く為るので色々と割愛致しますけれどもね。
初めの一行なんて歌の詩みたい。
此れだからおみくじって好きです。
表面はこんな感じ。
CA3J0128.jpg

鬼さん方の舞の後は恒例人気行事、餅撒きです。
お餅やらお豆やらタオル(?)やらが宙を舞う・・・なんて生暖かいものでは御座いません、宙を駆け抜けます。
全二部有ったのですけれども、今年は何やら参加者の皆様、気合が入ってらして、圧[オ]され乗られ蹴られ殴られ、付け睫毛が吹っ飛ぶ寸前で、何とか一個拾って、花彩氏棄権退場・・・(笑)
二部は縁[ヘリ]のベンチに座ってゼェハァして居たのですけれど、とん、とととん、と人の手を滑り転がる音がして、ぽすり。
見事花彩のお膝の上に着地しました。
あの競争率で此れは奇跡だー!と想って、おばあちゃんと「縁起が良いわねえ、私もほら、ひとつ取れたの、ひとつ有ればもう充分よねえ」なんて会話をしてほっこり身体の芯が暖まりました。
母親は鍛え抜かれた肉体で以って、ひとりで四個ゲットしてましたけれどね(笑)
くじ引きも二回して、お醤油とするめが当たりました。
縁起ものの数々は此方。
CA3J0127.jpg

最後に為りましたが、服を脱ぐ時ぽろりと音がして見てみると・・・
CA3J0129.jpg
紛れ込んで居ました^^
又数日食べられない日が続いて居り、今年は歳の数程もお豆、食べられませんでしたし、僅かでも胃に入ったものを拒むみたいに気持ちが悪いのですが、矢張り土地の恒例行事、期待を裏切りません、色々な意味で。
行って良かったと思います^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。