極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひざにむき出しの傷は 潮にさらされて前を向く

ご無沙汰して居ります、のっそり生きてますよ、花彩です。
大阪の旅から帰って早いもので一週間が過ぎようとして居ます。
ゆっくりとゆっくりと、元の生活へ戻る様に身を委[ユダ]ねて居ます。
ブログ更新出来なかったのは・・・何故なのでしょうね。
パソコンに向き合う迄、パソコンに辿り着く迄の距離を歩くのに一週間掛かった感じです。(笑)
何だか花彩、「只今、地元のデータ、ロード中!」と、カリカリ音を立てる旧式マッキントッシュ張りのデータ読み込みの遅さで以って、以前の感覚を取り戻そうとして居た様です。
帰って直ぐに荷解きをして、真っ先にみぃの元に会いに行って、大阪で過ぎて仕舞ったお誕生日(みぃ情報:本当は二月二十八日なのですよ)、産まれて来て呉れて有り難うの日を祝い、どんぐり共和国で大人買いしたジブリグッズ詰め合わせ(トトロのお土産風特別包装vV)と、お世話に為って居るお姉さまにも京都のお土産を渡し、大阪お土産話やあれこれに花を咲かせ、其の日はみぃ一家の経営するお店に入り浸り、お仕事が上がってからはみぃがお家に来て、日付が変わる迄きゃっきゃと騒ぎ、其れから数日は死んだ様に眠りましたが、大阪で培った生活習慣を活かして、朝起きて夜寝る生活が続いて居ます。
みぃから「ブログ早く書けー!!」連発攻撃を受けても尚、書けなかったのはやっぱり地元のデータ読み込み中だったことにして(笑)、やっとこさ花彩、地元での記録スタートの模様です。

以前の私はもう居ないこと。
振り返ってみれば、長かった髪をばっさり切ってから、更に思い切っての大阪長期滞在旅行、此れ等は一連の流れであった様に想います。
萎[シオ]れた花に水をやる様に。
草臥[クタビ]れた靴を新調する様に。
項垂[ウナダ]れた首をしゃんとする為に私が行った、些細だけれども、自分の中ではとてもとても大きなこと。
私を傷付けた刃[ヤイバ]、絶った絆、置いて来た髪の毛、残して来た想い出、全部全部、宝物だよ。
少しだけ背伸びして、周りから見れば変わって居なくたって、成長した振りしても、許されるよね?
前を向いてるよ、手を振ってるよ。
今は止まって居ても歩けることが判ったんだ。
貴方の処迄、届くかな、見えるかな?
有り難う、大好き、愛してる!を詰めた、両手一杯の風船を、潮風に乗せて飛ばします。

そして帰る場所が在ることに心から感謝します。
場所はみぃ自身であったり、一握り護れて居る家族であったり、此のサナトリウムであったり。
遅く為って仕舞ってご免なさい。
此のひとことが言える幸せを噛み締めます。



「ただいま。」



CA3J0389.jpg
↑お船で同室、お隣のスペースだったお姉さんと仲良く為って、撮り合いっこしました★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。