極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

やさしくしたいよ もう悔やまぬように 嘆きの海も越えていこう

下の記事を書いて居たら朝に為って仕舞いましたよ。
改めましてお早う御座います、花彩です。
今日は未だ書けそうな勢いなので、此の勢いに乗って、近況報告と云う名の幸せ自慢、行きたいと思います。(笑)
ええと、又長いこと書いてなかったので何から書けば良いやらなので、順を追って書くことにします。
一月。
今年も祖母のお着物を着せて貰って、一日に初詣に行って参りました。
去年は淡いピンクのお着物でしたが、今年は淡いグリーンのお着物を着せて貰いましたよ。

しゃきーんと急角度ヘアが良く判る様に多分ちょっと横向いてるんだと思います(笑)。


毎年撮る鳥居の処で。
お袖が短くて寸足らずなのは承知の上ですよ・・・・祖母のものなので・・・・。
譲り受ける日が来たら、片っ端から寸直しする予定です・・・ふふふ。


見事大吉!
二月の節分の餅まきに参戦した時も大吉でした!
幸先が宜しいことで嬉しゅう御座います・・・♪

二月。
今年もバレンタインには生チョコを作って、母の彼氏さんや、ご近所さん、祖父がお世話に為って居るデイケアのスタッフさん方に少しずつお渡しさせて戴きました。
そして今年も!祖父は私の手作りチョコを!口から食べて呉れました!!※祖父は胃瘻(胃に穴を開けて栄養分のみ注入すること)です。
「美味しい!」ってはっきり言っても呉れました。
こんなに喜んで食べて呉れるなら、毎月十四日は生チョコの日にしても良いんじゃないかと、真剣に祖母と相談中です。(笑)
胃瘻の祖父が初めて口からものを食べられた!って泣き喜びしたのが去年だと思うと、一年って本当に早いものですね。
こう云う嬉しいことが日常の"当たり前"に為って行ったら素敵ですよね。



そして二月にはもうひとつ嬉しい始まりが。
東京に飛んでみたり笑ってみたり嬉しがってみたり忙しなく元気そうに見える私ですが(笑)、現在進行形で未だ闘病中です。
相変わらず波は激しいですし、お薬の量も減りませんし、お仕事に関するドクターストップも解けぬ儘です。
もぞもぞお家に籠城する日々。
でも此の儘じゃあ歳ばっかり喰って、気が付いた時には・・・○×△□!!!(言葉にしてはいけない部分)と云う様なことに為り兼ねませんので、好い加減遅いスタートですが、「自分自身に投資する」と云うことに就いて考えねばなあ、と。
簡単に申し上げますと、「生身の自分自身にお金を使う」。
お洋服、欲しいです。お洒落、楽しいです。お金使うの、大好きです。
でも其れだけじゃあ生きてゆけない。老い先の短い祖父母にほんの少しの安心すらさせてあげられない。
じゃあ稼ぐ?・・・ぽつぽつ面接を受けてみたり、市の施設を利用してみたりもして居ますが、かんばしい結果は得られない。一日外に出ると一日寝込むのが当たり前の身体。・・・うん、ちょっと無理みたい。
じゃあ先ずは外に出て人と接するのに慣れることから始めてみるのが好いんじゃない?提案して呉れたのは母でした。
且つ、「お家に居る」と云うことベースでも出来ることと言えば、資格取得・・・とか?提案して呉れたのは祖母でした。
一応中学は英語課程卒業、高校は英語科卒業の私です。
何が如何為るかなんて判らない、好きなこと、得意なことから行ってみよう!!
二月頭から週一回、先ずは半年継続を目標に、英語を勉強しに行って居ます。
高望みはしません、何かしらを掴む切っ掛けに為ることも目標に掲げて居ます。
後はPhotoshopとIllustratorを幸いなことにやっとこさ揃えることが出来たので、其方方面のお勉強も独学ででも本腰を入れてやってゆけたらと思って居ます。
何が如何転ぶかなんて判らないのです。手広く手広く。
趣味の範囲では、SAIも導入出来て快適お絵描き生活を送ってますよ♪
如何でも良いですが、最近は自毛よりもウィッグの髪型がしっくり来てマイブームなので、外出時はほぼショートボブです。



・・・はい。
そんな感じの二月でした。
そして入ったばかりですが、三月ですね!
幾つか下の記事に、家族団欒が復活したと長々綴ったのですが、覚えてらっしゃいますでしょうか??
と言うかそんな内輪話、此の記事を読んで下すって居る貴方様はご存知でしょうか?(笑)
其の辺は判りませんが、父との八年間の時と距離を埋めるべく、長電話でお喋りしてみたりだったり、結構父の住んで居る処迄は距離が在るので、余り頻繁には行けませんが、此方から会いに行ってみたりだったりもして居ます。
あちらには祖母も入院して居ましたし、ね。
そして一月一杯で祖母の退院が決まり、直ぐにでも会いに行きたかったのですが、悪天候も続きましたし、帰って来て直ぐでドタバタするのも良くないからと云う意味も込め、「暖かく為ったら又おいで」と云うことに為って居りましたが、暖かく為って居ようが居まいが私は行きたいんだよ!ダァン!!と三月に入った途端、もう春だから良いだろ!!??と言わんばかりに半ば無理矢理昨日会いに行って来たのです。(笑)
そしたら予想通り祖母の介護に疲弊し切った惨めな親父ひとり発見。
どうも祖母は偏食の傾向が強く、あらゆる日常生活に対する意欲が低下気味。
退院後、別の病院に連れて行った処、痴呆と云うよりも鬱と云う診断の方が現状に近いとのことでした。
お薬をちらっと覗いた処、全部私が呑んだことが有って、いずれも強いお薬ではなかったので、其処は安心でした。(こんな処でお薬ジャンキィの性質が役に立つとは・・・笑)
我が家もそうですが、介護対象が異性の場合はプライドだとか色々が邪魔をして介護し難い傾向にあります。
父の場合もそうで、父は一人っ子で祖母と二人暮らしと来て居ます。
・・・で、今回お家に行った時の父の一番の悩みはお風呂でした。
立派な介護道具も揃って居るのに、転ぶのを恐れて仕舞って入って呉れないのだそう。
本当は介護道具も必要無い位には未だ全然動ける身体の状態の様でしたが、鬱に因る不安が強いのでしょう、仕方の無いことです。
小さな祖母ひとりを一度お風呂に入れること等お安い御用でしたので、喜んで引き受けて、頭迄自分の力で洗って貰う様に頼んで、祖母をお部屋迄見送ったら、心配して居た父が出て来て、今にも泣き出さんばかりに頭を下げて、物凄い勢いで痛く感謝されて仕舞い、祖母も、「花彩ちゃんが来て呉れたお陰で、気持ち良い」と喜んで呉れたので、私としては本当に嬉しい限りでした。
父の性質上、"心細い"と感じることは無いにせよ、毎日毎日偏食する祖母が何を食べて呉れるのか考えて、元々仲が悪いのに怒りたいのを抑えて、黙々と日々を過ごすのは些か"心許無い"と感じるのは当然のことだと思います。
時には私が居ることも忘れず頼ってね、と・・・・・・・・言えない私の訳の判らないツン発動!!!(笑)
何はともあれ、又近い内にでも遊びに行ってみようと思います♪
母が昔から言って居ます。家族は循環だよ、と。
例を挙げると、猫の天が居た時は、天が私に無償の癒しを与えて呉れる→私は調子が良く為って、母に少しでも楽をさせてあげられる→すると母は大嫌いな祖母が祖父の介護をするのを、少し気を楽に持って手伝うことが出来る→祖父が清潔で元気な状態で居られる→皆嬉しい、と。
"優しい"や、"嬉しい"や、"楽しい"や、"有り難う"や、"愛おしい"は、順繰り順繰り巡ってゆく。
順繰り順繰り巡り巡って、何時かはきっと自分に戻って来る日も有ると欲張りな私は信じたいです。
私が昨日発した何らかの波動は、父に伝わって、祖母に伝わって、ぽすっと私の掌の中に戻って来ましたから、あながち此れは嘘じゃないと想うのです。
・・・と、又恐ろしい長さに為りましたが、そんなほろりと笑顔がこぼれることが有りましたよ、とお伝えしたかっただけなのです。


帰りの電車、つい長居して仕舞って終電のホーム。
寒くてがちがち震えるのに何処か暖かくて、ほろりほろりこぼれる笑みが止まらない、其の上泪迄出て来そう。
幸せな時間でした。
此の幸せが此の長ったらしい文章を読んで下すった貴方にほんの少しでもお裾分け出来たのなら、順繰りバトンタッチのスタートです。