極彩色サナトリウム

此処はちぐはぐサナトリウム 灰色の花さえ極彩色に変わりましょう  くすんだの貴方の心さえ極彩色に彩りましょう ご来院の際はお足元にどうぞお気を付けて 

生まれてしまった恥じらいを今日嘲笑わず耐えて居たい 私は何度溺れたとして泳ぐことを選んだんだって

年単位で更新をサボって、ひっそり生きて居りました、花彩です・・・・。
こんな更新も何も無いつまらないブログに、其れでも一日二十名様近くの方が来て下さって居て、本当に嬉しく想う反面、如何やったらそんな方々にお礼が出来るだろうと、ぐるぐる考えた末、やっぱり更新する他無いのかも知れない、と思い、こうして再び記事を書かせて戴いて居ります。
後もうひとつの理由は、此のブログ、今年の六月で十周年を迎えるのです。
全く書いて居なかった間も有りますので、正確には十年とは言えないのかも知れませんが。
十年。
とてもとても長い時間。
でも過ぎて仕舞えばあっと言う間。
きっと此のブログを始めた頃の私が、十年後も生きて、変わらず仕様も無いブログなんか書いてるよ、って聞いたら、吃驚して腰を抜かして仕舞うのではないでしょうか。
或いは只々気が遠く為って、絶望するのでしょうか。
でも私は今、此の地面に両足をべったりと貼り付け、未来を睨み、生きて居ます。
いや、正確には生かされて居るのだと想います。

病気に関しては、良く為った部分も有れば、悪く為った部分も有ります。
元々診断が下りて居た、境界性人格障害に、更に上乗せで躁鬱病の診断も下りました。
別にどんなカテゴリーに纏められようとも、私は私だし、と思える位には強く為ったけれど、やっぱり少し複雑です。
意識が時々飛び飛びに為り、気が付いたらトラックの前だったとか、血塗れだったとかで、もしもっと悪化する様だったら、解離性人格障害の診断も下るかも知れない、と云うのが現状です。
一番莫迦やって仕舞ったなあ、と思うのは、去年の春頃、やっぱり意識が飛び飛びに為って居る時に、致死量に近い量のベゲタミンAを呑んで仕舞い、死に掛けて入院する羽目に為って仕舞ったことです。
意識はほぼ無かったとは言え、母にも祖母にも多大なる迷惑と心配を掛けて仕舞い、如何詫びても詫び切れない想いです。
幾ら生きたいと想って居ても、未だ足元はぐらぐらと不安定に揺れて居る感じです。
気を付けねばですね・・・・。

後は、国から正式に許可を得て、社会の中で、「精神障害者」であると、此れ又カテゴライズされ、其の流れで、私にひとりケアマネージャーさんが付いて下さることと為り、有り難いことに、お仕事のことや日常生活のことを気兼ね無く吐き出しても良いし、社会のあらゆる面でサポートをして戴ける環境が整いました。
とっても素敵なケアマネージャーさんで、お家から障害者支援センターが近いので、ちょくちょく足を運んでは近況報告をさせて戴いたりして居ます。
まあ、ケアマネージャーさんのことに関しては、又日を改めて書かせて戴こうと思って居ります^^*

何だか話題がごちゃごちゃして居るし、好い加減長文が過ぎて参りましたので、此処等で最後の話題を。
先ず、PCから見て戴ければ一発でお判りとは思いますが、テンプレートを変え、ブログタイトルを「極彩色サナトリウム」に戻しました。
やっぱり私はまだまだ此のぬくぬくとした、他の誰でもない自分の作り上げたサナトリウムが必要かなあ、と想ったからです。
私以外に、もし此のサナトリウムを必要として下さる方がいらっしゃいましたら、何時でも、何時迄でも、肩の力を抜いて、ごゆるりとして行かれて下さいませ。
後は、最近の私のお洋服のコーディネート画像なぞ載せて置きますので、お暇な方は私の老いっぷりをとくとご覧あれ。笑


此処数年はHELLCATPUNKSさんにお熱な私で、似非パンクな格好をして居ることが多いです。


勿論ロリィタからは抜けられる筈も無く・・・・。画像のJSKは高校生の時に初めてお迎えした子だったりします。


髪も又随分伸びました。


髪が伸びた分、ヘアアレンジが楽しくて色々遊んでます。ヘルキャさんのトップスなんかを入れて、ロリパンちっくに着ることも増えました。

長い、長過ぎます此の記事・・・・!
此処迄読んで下さった方がもしいらしたら、本当にお疲れ様です。
普段はTwitterでもぞもぞ動いて居ることが多いですが、やっぱり文章を綴る楽しさを此の記事で感じたので、又戻って参ります。
もし私の仕様も無い日常を覗いてみられたいだなんて、奇特な方がいらっしゃいましたら、ブログ右端のTwitterウィンドウから、是非遊びにいらして、お声掛けて下さると嬉しいです^^♪

ではでは今日は此の辺で、失礼致します。